24.5.16

ベルギー式パーティーへ出席!

日曜日、ぐずついた天気の中 ・・・

午後から Katrien と二人そろって、「ウォーキングディナー」形式のパーティーへ出席してきた。

ベルギー式のパーティーは何度か出席しているので、何となく雰囲気はわかっている ・・・ 肩ひじ張らず、余計な押し付けがましい主催者の挨拶を聞かされる事もなく、さりげなく始まり、さりげなく終わるのだ。

参考までに過去のパーティーイベントをリンクしときます。


では、今回のパーティーの様子を紹介します。

まず、このパーティーは翻訳会社「Katokobo Translations」が経理事務を委託している税理士事務所の創業者が高齢のため勇退し、その息子に事業を引き渡すという節目に当たり、顧客に対してこれまでの感謝を込めての「謝恩パーティー」という事であった。

会費は指定されずに「慈善事業に寄付しますので、お気持ちの分を振り込んでください」という事だった。

服装はカジュアルでいいという事なので、まぁ、普段着よりはちょっといいやつで身なりを整えて、いざ出発!

夫婦同伴が基本なので、二人並んで会場入りする。

まず、主催者の勇退される創業者ご夫妻に迎えられて、握手をして挨拶を一言 ・・・ 次に、事業を引き継ぐ息子夫妻にご挨拶。

そのあとは、待ち構えていた会場スタッフからシャンペンのグラスを受け取って、会場内を軽く歩いて、適当なテーブルに落ち着く。

立食式のテーブルで、椅子はないので立ったままシャンペンを飲みつつ、会場内の雰囲気を見回す ・・・ 僕らは割と早い時間に来たので、空いているテーブルに着いたが、あとから、僕らと同年齢くらいの夫婦が同じテーブルに来たので、挨拶をしてKatrienが、一通りの世間話を始めた(笑)

シャンペン(実はCAVA)を数杯お替りしたあと、白ワインに切り替えた ・・・ 小さなおつまみが次々に運ばれてくるのを受け取って食べる。

セレモニーも何もないので、適当に歩いて知り合いはいないか探してみたり、外(庭)へ出て新鮮な空気を吸うのも自由である ・・・ ま、もちろん僕には知り合いもいないので、めったにおしゃべりする機会はないから、軽音楽を奏でている場所に近づいて行った。

 そして、ついに、そのバンドの正面に陣取った!(笑)

ドリンク、おつまみのサービスを受ける僕。

他のお客さん(税理士事務所の顧客)は長年リール市近郊で事業をしている人たちなので、顔見知りが多いらしく、おしゃべりが盛り上がり、音楽に向き合って聴く人は皆無だったので、僕が拍手をすると、バンドメンバーが喜んでくれた。

白アスパラ ・・・

・・・ なんだっけ(笑)

ベルギーでは結構、こういうイベント専門のバンドの需要があるみたいだね ・・・ 僕はこのバンドに会うのは2回目だ。

教会でのお葬式でさえ、シックな生演奏付きで葬儀進行するくらいだから。

メインディッシュ!
食べる途中というか、ビュッフェ式で取り分けてきたものなので、散らかってます ・・・ 食べ物、飲み物は十二分にあり、お腹がパンパンになるまで暴飲暴食しました(笑)

白ワインも飽きたので、ビールに切り替えて、さらに杯を重ねる僕だった。


ずっと小雨がちらついていたので、広い庭を歩き回ることはできなかったが、天気がいい日に外でのパーティーもいいものだろうねぇ。

果てしなく、いつまでも続くかのようなパーティー。

午後1時から、6時までという時間設定だったが ・・・ 終わりそうもない雰囲気だ ・・・ いやぁ~しかし、ベルギー人は、よく食べ、よく飲み、よくしゃべる!

オランダ語学校でも習ったが「ベルギー人はブルゴンディース (Bourgondiërs)」だと ・・・ いくつかの意味があるが、よく飲み、よく食べ、よくしゃべることも含まれている ・・・ 食事の時は制限がないという事か ・・・ 僕から見れば驚異的食欲である。

video

そんなパーティー好きなベルギー人。

僕は(酔うと)最後には寝てしまう方なのだけど、今回は立食なので、最後まで寝ることはできなかった(笑) 


おもしろいベルギーブログはこちら→ にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
役立つヨーロッパブログはこちら → 人気ブログランキングへ

アントワープ ホテル宿泊

21.5.16

天気の良い木曜日!

天気の良かった木曜日(19日)

夕方5時頃からのMomo太郎散歩!

夕方と言っても、日没は夜の9時以降だから昼間の感じだね。

 陽当たりのよい道を選んで川沿いを歩く。

キツツキが住んでいる地域のようです ・・・ わが家の前にも飛んできて、よく聞こえる「コココココッ」というドラミングの音 ・・・ いつも同じ枝に来るので、僕はすぐに見つけることができる。

リール市の旧市街を囲むネーテ川。

KatrienがMomoちゃんを担ぐ!
Momoちゃんは今、発情期のせいか、心身不安定で途中から、歩行拒否をしてしまったので、引き返すわけにもいかず担がれることになったのだ。

この担ぎスタイルは、昔からの羊飼いが弱ったヒツジを担ぐスタイルだ。

 タロ君 「どうしてMomoだけそうなの?」

落ち着いて生きたMomoちゃんを下すと、自分から歩き始めた。

ヤワゲフウロ(Zachte ooievaarsbek)

きんぽうげ
道端に咲く花たち

鉄道沿いへ向かいます


2種の電車

郊外のカフェの前に白い藤の花が咲いていた。


カフェでリールの地ビール!

瓶内発酵されるトリプルビールがうまい!
このカフェは郊外にあり、自転車ルートに面しているので、サイクリングの休憩場所として人気がある。

電車の通過を見ているタロ君。
このカフェは、わんこフレンドリーな店で、犬連れには犬用の飲み水も出してくれる。

帰り道で見つけたクサフジ。

わが家のテラスでは、ルッコラ栽培中!

そして、ルッコラ第2弾と、赤しそ、イタリアンパセリなども種まき完了した。

おもしろいベルギーブログはこちら→ にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
役立つヨーロッパブログはこちら → 人気ブログランキングへ

アントワープ ホテル宿泊

18.5.16

アントワープで街歩き~ぶらり

ブルージュのAさんをカフェ・クイントンマセイスで見送った後、もう1杯、ボルケを飲みなおし、落ち着いてから僕もカフェを出る。

何も、落ち着く必要もないんだけどね(笑)

では、今度は一人で、本当のぶらり歩き~ ・・・ カフェから徒歩3分ほどで見える風景がアントワープの中心地、市庁舎があるフロートマルクト!

前回来た時より活気があった ・・・ 天気が良かったし祝日で、トラックフード・フェスティバルも開かれていたからか。

 Aさんとも通った「中世の小道」を今度は一人で歩く ・・・ ちょっと寄り道するだけだから、先ほどはあまり写真を撮らなかったので、改めてという事で ・・・

雑踏の中を歩くより、こういう静かな道の方がいいからね。

大聖堂がきれいに見えるペルグリム通り(Pelgrimstraat)

ナショナル通り(Nationalestraat)宮殿のように見えるのがアントワープの6人衆と言われるデザイナーの1人、ドゥリース・ファンノッテン(Dries van Noten)の店、「モードパレス」

ドーム型の屋根の建物はモード博物館。

モード博物館から左に入り、いくつかのカフェの次に現れるのは「落書き通り」・・・ グラフィティー・ストリートと言った方が聞こえはいいか?

 一応、正式名称は「あたま通り(Kopstraatje)」という事になっている(笑)

何処をどう歩いたのか裏道小道 ・・・
半ケツ少年の像(Deugnietlieke) ・・・ これがラベルになっているベルギービールもあるけどね。

アントワープの劇場

 広いテラス席が出来ていたが、肌寒いし、日差しもないので、客なし。
休みなのか?

劇場の裏側、穀物広場(Graanmarkt)

裏道小道は終わりにして、メインストリートのメイル通り(Meil)に出てきた。

 メイルの中心付近と言っていい、スタッドフェーストザール(ショッピングモール)

オレンジ色は道路清掃車

 像(Antoon Van Dijck)とフェーストザールの建物。

 てっぺんには雷をつかむ女神?

と、ここで突然、建物のてっぺんの飾りに注目し始めた僕だった(笑)
これは、てっぺんはワシのようだが、その下両側に大きな魚を担ぐ少年、その下には船の舳先が飛び出している ・・・ という事はこの建物のオーナーは漁業関連の大物だったかも知れない。

これは ・・・ 海神ネプチューン!
やはり、海関係のお金持ちの家だろう。

これもてっぺんには黄金のワシのようだが、その下のレリーフはアントワープの市章と、その両側には裸の男女 ・・・ 腰に木の葉のようなものを巻き付けているだけだから「ひょっとしてアダムとイブ?」と思ったが、男は立派な髭を生やしているからアダムという感じでもないなあ ・・・

なんて、想像したり悩んだりするのも楽しいものである(笑)

はい、もう中央駅に近づいてきた。
ここはケイセル通り(De Keyserlei) ・・・ 手前にあるのは市営のレンタル自転車。

 緑色の車両は軍隊車両 ・・・ 近くには2人の兵士が自動小銃を下げて警備にあたっていた。


 中央駅のてっぺん ・・・
2頭のライオンが支えているのはフランダースのライオンの紋章、その上には王冠。

 中央駅、ホーム側

平和な中央駅です ・・・ 今回は警備の兵士はいなかった。

地上階のホームから帰りま~す。

さて、今回のカフェ・クイントンマセイスから中央駅までの「ぶらり歩き」のコース図 ・・・ まぁ、暇があったのでたどってみました(笑)
2.9㎞・35分だってサ

カフェから、わき見をせず中央駅へ最短距離で歩いたら17分程度で行けるが、今まで1度しかそういう経験をしていない。


おもしろいベルギーブログはこちら→ にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
役立つヨーロッパブログはこちら → 人気ブログランキングへ

アントワープ ホテル宿泊