30.12.16

キリスト降誕小屋巡礼

クリスマス記事が続いているけど、仕方ないね(笑)

食傷気味になっていると思うので、今日はサラッと流したいと思う ・・・ 自分もちょっと疲れているので止めておきたいが、紹介したい写真があるので ・・・(笑)

トゥェードケルストダッヒ(tweed kerstdag)「クリスマス2日目」という日があるくらいだから、まだクリスマス気分の26日。

わが家も連れだって、星に導かれてイエスの生まれた小屋に向かったのだった。

空は青空なのに、影が暗い(照度不足な冬の日)

まずは市内最大教会の聖グマルス教会へと向かう。

おぉ! イエスが生まれている!
3人の王様も、すでに到着している!

次なるキリストの小屋は修道院内にある。
星というか、Momoちゃんに導かれているような図になってしまっているが ・・・ (笑)

小屋にはちゃんと星が掲げられているね(^_-)-☆

はい、ここでもイエスが生まれていました。
3人の王様はまだ到着していないのか、省略されているのか知らない。

この場所から見える風景(修道院内)

壁に聖ヤコブの像があり ・・・

魔女の人形もあったりする(笑)

なかなか雰囲気のある小屋だよね。

修道院内(Begijnhof)を、もうしばらく歩く ・・・

住人のいない家のドア ・・・

住人のいる家の窓辺 ・・・ 暖かそうだ。

ベギン会修道院の正門

天文時計のジンメルの塔

どんぐり通りから市庁舎へ抜ける。

市庁舎とクリスマスツリー

広場(Grote markt)

商店街

商店街の装飾品店のウインドウにあった「キリスト降誕小屋」は、さすがに気品があって、3人の王様もキラキラ衣装で、贈り物は指輪やネックレス、イヤリングだったかもしれない(笑)

さ、家に帰ろうか!


夕飯はイモ!

雰囲気をガラッと変えてしまうが、芋です!

御馳走を食べ続けないように節制しなければね、って ・・・

たまに食べると、と~っても美味しいんだよね。
塩味の効いたスモーーク魚フィレでね ・・・ ビールと共に。

おまけ
わが家から一番近い教会の前にある「キリスト降誕小屋」
星に導かれて、昨日、行ってみた。

ユニークな「降誕小屋」が多いといわれるリール市なので、ここも一風変わっている ・・・ イエスが生まれたといわれる家畜小屋じゃなくて、小さな一軒家の外観。

窓から覗いてみると、若い奥さんが内職でレースを編んでいる ・・・ そして若い男は壁にもたれかかり、小さなグラスを持っていて、そばにはジェネバー(酒)の瓶が ・・・ 2人の間には赤ちゃんがいる。

さて、この構図をどうやってキリスト降誕に結び付けるのか?


おもしろいベルギーブログはこちら→にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
役立つヨーロッパブログ → 人気ブログランキングへ

アントワープ ホテル宿泊

29.12.16

義姉の家で温かいクリスマス

ベルギーの田舎でのクリスマスの日(滞在2日目)

記事にするのを飛ばそうかと思ったが、面白い写真もあるので、書き留めておきます。

まず、25日の朝、木彫りの人形たちで作られた「キリスト降誕小屋」には、前日までいなかったイエスが生まれていた~!!

なるほどねぇ~、こうやってクリスマスを祝うのは、やはりキリスト教国ならではだろうね。

しかも、義姉の演出は凝っている ・・・ 降誕を祝うために、東方から駆け付ける「3人の王様」は、星に導かれた旅路の途中という事で、まだ到着していない(右側に控えている)

3人の王様はいつ、イエスに謁見できるのだろうか?

ストーリーの楽しみは尽きない(笑)

朝食のセッティング

 僕はチーズより、ハムの方を多く取って食べた(笑)

パンも2種、食べきれない量をたっぷり出して、残ったら包んで仕舞う。

 Momoちゃんは持参した「マイハウス」でくつろいでいる。

朝食がブランチみたいになったので、お昼を過ぎても留まって寛がせてもらって、結局午後4時ごろまで滞在してしまった。

「さ、道が暗くなる前に帰ろうか」

僕は道中にある、あるものを写真に撮りたかったのだ。


これ、スゴイでしょ!

義姉の家に向かう時に、通りかかって見ただけだったが、ぜひ写真に収めたいと思っていたのだ。

不覚にも Faacebook に 「マジンガーZ 風のロボット」 と書いたら、速攻で「これはトランスフォーマーだろ」と、突っ込まれた(恥)

さらには「オプティムスプライムにバンブルビー」だという指摘まで ・・・ (笑) オジサン思考はマジンガーZ で止まっているのだ。

 高さ4mくらいあるよ!

でかいけど、かなり精巧に作られていると思う。

ところで、なぜこんな所にこんなものが?

実は、ここは古代遺跡や中世風のインテリアを扱う「店」なのである。
WEBサイトに日本語もあるので「Medussa」紹介しておきます。

 わが家に到着すると、キリスト降誕小屋にイエスが誕生し、3人の王様も到着していた!

これがクリスマス!

商業主義に浮かれるだけじゃないのだよ。

Momoちゃんも自宅に戻り、やっと安らかになった(笑)

「ふ~、クリスマスイベントが終わったねぇ」

いや、実は結婚記念日でもあった ・・・ それはまだ終わっていない!

改めて杯を交わし、「これからもよろしく!」

結婚後、沖縄で6年間を過ごし、ベルギーで8年間。

来年は沖縄逆移住生活が始まり、新たな一歩を踏み出す。

ベルギーと沖縄夫婦、来年はベルギーと沖縄、両方を行ったり来たり、いいとこどりをいかに実現するか ・・・ 試行錯誤する年となりそうだ。


おもしろいベルギーブログはこちら→にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
役立つヨーロッパブログ → 人気ブログランキングへ

アントワープ ホテル宿泊

27.12.16

ベルギー家庭で温かなクリスマス

クリスマスの過ごし方を決めてなかったわが家に、「良かったら家に来なさいよ」と、Katrienの姉が声をかけてくれたのは3週間ほど前だった。

去年は、この季節にベルギーの南部、ワロン地方で2泊3日の旅行をして、楽しかったので「小旅行でどこかへ泊まりに行こうか」くらいは考えていたが、まだ行き先を決めていなかったのだ。

クリスマスなどというロマンチックなイベントには無頓着な僕だが、その日が「結婚記念日」となっているので、何かしらイベントがないと寂しい我が家なのである(笑)

義姉の誘いなら、喜んで甘えさせていただきます!

なにしろ、家は静かな場所で広い庭もあり、周辺の散歩道も楽しい ・・・ それに、義姉夫婦は二人ともとても料理が上手で、ワインも美味しいのがあるし、義兄はビールもたくさんストックしている(笑)

という事で、クリスマスイヴの午後から車で30分で行ける「ブラームスブラバント州」のアールスコート市近郊の町ベゲイネンデイク(Begijnendijk)までのミニトリップ。

 義姉の家に着いたら、さっそく、お散歩!

車の通らない遊歩道がたくさんあるので、Momoちゃんはフリーで大喜び~

ちょっと歩くといっても、1時間近くは歩く!

林の中にあったキリスト教の拝所。
この造りからお分かりの方もいると思うが、「ルルドの洞窟」を模した拝所である。


 聖母マリア

聖母を見上げる少女ベルナデッタ

 周りには何もない林の中に、ミニ公園のようにポツンと、このような拝所があるのは、やはりキリスト教の国だよね。

並んで歩く姉妹 ・・・ いつでも、積もる話があるようです。


家に帰ると、義兄が暖炉に火を入れてくれていた。

暖炉の薪が、パチン、パチン と音を立てるので、Momoちゃんは怖がって、毛布にくるまってKatrienに抱かれて、ちょっと安心した。

そして、外から帰ってきた人たちには、コーヒーカップに入れた「カニのスープ」が差し出されて、体の内からも温めてくれた。

 さて、いよいよ食事が始まる ・・・ テーブルセッティングにグラスが3個(白ワイン、赤ワイン、水)それぞれ役目が違う。

最初は白身魚のスープ。

洋ナシの赤ワイン煮

メインディッシュの添え物は ・・・

焼きチコリ

焼き根セロリ ・・・ これって日本ではあまり見る事の出来ない野菜だよね、セロリだけど茎の方がカブのように太く大きくなる野菜。

 赤い肉は鹿肉 ・・・ 中心部は殆ど生!

ポテトのチーズ焼き、マッシュルームのバター焼きも加えて、美味しくいただきました~!

義姉曰く「昔の料理だからね、見た目は良くないよ」 でも、と~っても美味しい! さすが、ベルギーのおふくろの味!

見た目第一のレストランでは、なかなかこういう、地味に「ホントにおいしい料理」は食べられないね。

クリスマスツリーの飾り

メインを食べた後のチーズアラカルト。

5種のチーズを取分けて、パン切れと共にチビチビ食べる。

そしてやっとデザート ・・・ コーヒーと共に。
日本からのお土産、柚餅と小豆餅も一緒に ・・・

デザートの時に義兄とビール談議になり、「僕はクリークビールは甘いので好きじゃないんです」と言ったら、冷蔵庫からビールを取り出してきて「このクリークは甘くないから、あなたでも飲めるはずだよ」 と、試飲させてくれた。

うん、確かに普通のクリークビールやフルーツビールより、甘みが少く、クリークの味が濃い ・・・ ひょっとして本物のクリークビールはこんな味なのかな?

最近のフルーツビールは女性受けを狙って、味を薄く、甘みを強くしているのかなぁ ・・・ そう思えるビールだった。

でも、僕はやっぱり普通のビールか、度数の高いブロンドか、ブラウン系統の色の付いたビールがいいな。

という事で、コーヒーの後、またビールを飲み始めるのだった(笑)


おもしろいベルギーブログはこちら→にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
役立つヨーロッパブログ → 人気ブログランキングへ

アントワープ ホテル宿泊