22.3.17

送別会を開かれてしまった

前回の記事で書いた「なるほど!ザ・おきなわ」の講話が終わった後、みんなしてレストランへ移動して「送別会」なるものが開催された。

「日本帰国」 と、いうと大げさな反響があるんだよねぇ。 僕は、「嫁はベルギー人なので、度々ベルギーに来るんだから、そんなことはしなくていいよ」と言っておいたのだけど、やられてしまった(笑)

アントワープで一緒に活動していた「日本語を話そう会」のメンバーだが ・・・ 僕はいつからその会に参加しだしたのか記憶が定かではない(笑)、6-7年前かな?

まぁ、長い付き合いだよね、その間にはメンバーの入れ替わりもあるし、いつの間にか僕も古参になってしまっていた(笑) 日本人は駐在員もいるので、短期で入れ替わるからね。

世話役のAさんが、その場所について僕に聞くので、地下のレストラン「ペルフロム(Pelgrom)」を提案した。

旧市街の中心部にあり、レンガに囲まれた地下室で、中世の面影をそのまま残しているような雰囲気で、照明がほとんどロウソクという薄明りでも本物らしさが味わえる。


 みんな思い思いにビールやその他のドリンクを飲んで、おしゃべりする。

地下室とは言っても結構広い!

僕らのグループは25名くらい ・・・ 僕とKatrienの他に、日本人駐在員夫妻も同時期に帰国するので、合同送別会となっていた。

僕が注文した料理は「ストーフブレース」(牛肉のシチュー) ・・・ おろしリンゴが付いていた ・・・ このレストランの料理は、中世風を意識して提供されるらしい。

もちろんフリッツも付いている!

世話役のAさんが企画して、「思い出の写真アルバム(ブック)」も制作されて、プレゼントされた ・・・ それに、みんなからのメッセージが添えられて ・・・ ん~~、泣けるねぇ ・・・

アルバムをパラパラとめくると蘇る ・・・ 若いころの僕 ・・・ じゃない、すでに若くない!

真面目な「日本語を話そう会(日本語を学習する人のための勉強会)」以外の懇親会の写真が多いのだけど(笑) 、それはもちろん、勉強会の時はやたら写真を撮ったりしないからね。

「沖縄料理教室」も2回開いたしね~、カフェでの飲み会や、ビール祭りにみんなで出かけたり、クリスマスマーケットに繰り出したり ・・・ そんな、楽しい思い出がた~くさん!

おいおい、殆どビールグラスを手にしているじゃないか!

はい、これはレストランに入る前の集合写真 ・・・ まだ半分しか集合していない(笑)

みんなありがとう! (ノД`)・゜・。

沖縄にも遊びに来てね ・・・

すっかり「送別」ムードになってますが ・・・

予定では3ヵ月後には、ベルギーに戻ってくる ・・・ ま、いろいろ予定や計画もありまして ・・・ 冒頭に書いたように「嫁はベルギー人」なので、ベルギーを完全に切り捨てて、本帰国という訳にはいかないのであります。


おもしろかったら ・・・ こちら→にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ

役立つヨーロッパブログ → 人気ブログランキングへ