25.6.17

復活! ベルギー移住生活

3ヵ月前に日本帰国したはずなのに、沖縄脱出してベルギーに戻ってきました(笑)

まぁ、元々その予定だったので驚くべき事でもないけどね。

今回の3ヵ月帰国は、次なる「沖縄逆移住生活」のための準備期間なのでありました。

沖縄での3ヵ月間は、毎日が忙しい上にネット環境が劣悪で(自分がそうしているのだけど)データ通信量が残り少なくなった月末は「ネット難民」になる始末で、ブログ更新とかFacebook投稿も限定的にならざるを得なかったのだ(笑)
(月に6GBのデータ通信では足りないということが判った)

その「沖縄逆移住生活」準備期間の様子は別のブログに譲るとして、今回は沖縄からベルギーまでの旅程を記しておきます。

那覇空港、午前6時!
那覇空港は午前6時にならないと営業開始しないので、早く来た人はドアの前で待たなければならない。

僕らは7時20分発、関西行きに乗るため6時5分前に到着した ・・・ ドアオープンと同時に利用客が流れ込み、すぐに混雑する出発ロビーだった。

JALで購入したチケットで、一人当たり往復527EUR(約65,600円) 安いよねぇ~。
まぁ、独自に検索して一番安い路線で、しかも一番飛行時間が短いルートであるから、迷わず決めたのだけど、那覇の出発時間が早い!

兄にお願いして、早朝5時半に家まで迎えに来てもらったのだ、快く引き受けてくれた兄に感謝 ・・・ 持つべきは円満なファミリーなのだ。

軽くサンドイッチを食べてから機内に乗り込んだ。

沖縄本島南部の海(23日、沖縄は慰霊の日だった)

スーツケースを3個預けて機内に乗り込み、定刻通り出発。
預けるスーツケースは二人で4個までOKだったのだけど、詰め込む荷物がなく、空のケースを持ち帰るのも怪しまれるので置いてきた(笑)

沖縄と政府間で問題になっている辺野古崎あたり

沖縄本島を越えると与論島が見える。

 九州、四国は寝てまして  ・・・ この島は「沼島」(淡路島の隣)だって。

関西空港に到着 ・・・ 乗り継ぎ時間は1時間40分。
 ウイング・シャトルで次の便の搭乗口(北ウイング)まで移動して時間を持て余したので、缶ビールを1本飲む。
「朝から」って? まぁ、次の長いフライトが待っているので、快眠するための準備だと思ってくだされ(笑)

フィンランド航空(通称フィンエアー)

特に考えもしないで、与えられた座席に座ったら ・・・ 4列シートが終わり、3列シートの最初だったので、正面には娯楽用の画面がなく、どちらかの斜めの画面を観なければならなかった ・・・ なんじゃこりゃー! テーブルもないではないか!

「ご心配いりません、テーブルは肘掛けの中に収納されているので、それを引き出してお使いください」 という事だった(笑)

4列が3列になったのだから、若干スペースが広くて、得したような損したような、特別席だった。

ウェルカムドリンクで 「ビールをください」 と言ったら、「デンマークのビールとフィンランドのビールのどちらがよろしいですか?」 と日本人CAが聞くので、デンマークを選んだ僕だが、普通に日本にもベルギーにもあるカールスバーグだったので、ちょっとガッカリな僕だった(笑)

食事の時はフィンランドのビールを飲んだ!
まぁまぁ、うまいビールです。

関西を出て北京上空辺りまでは「まだ、こんな所なのか、先は長いなぁ~」と思っていたが、ロシアくらいまで来ると、どーでもよくなって映画を観たり、音楽を聴いてウトウトしたりして時間を気にしなくなった。

映画「かもめ食堂」「君の名は」「おくりびと」を観て、意外と眠らずに観られた ・・・ エライなぁ ・・・ ビールをトータル5本も飲んだのに!

最後の食事はシーフード釜飯(だったか)
格安運賃なので、贅沢は言いません ・・・ が、僕にとっては美味かったよ、これ(笑)

それに、ビールが飲み放題なので、かなり贅沢です(笑)

10時間10分のロングフライトを終えてヘルシンキ空港に着いたら、滑走路にバスが迎えに来ていた。
フィンエアだらけなヘルシンキ空港です。

変わった色の機体はノルウェイ航空。

この空港でも1時間45分の乗り継ぎ時間で、問題なく移動出来て、入国手続きは日本人韓国人専用の自動化ゲートを通ったら(自然とその流れに乗ってしまった)パスポートをセンサーにかざして、ゲートが開いたら1歩中に入り、今度はカメラで胸から上の自動撮影があり、次のゲートが開いたら、検査官に軽くパスポートを見せるだけで通過できた。

言葉も交わさず、特に疑いも持たれずに、さっさと通過できたので良かったね ・・・ 昨年はドイツの空港で検査官がしきりに言葉を交わそうとするので、英語が通じず苦労した(結局怪しまれて、荷物検査をされた)。

驚かされるのは、空港内は日本語表示があり、しかも日本語のアナウンスもあるというサービスの良さ!(日本人にとってね)

これってやはり、JALが乗り入れている事と、フィンエアー利用で日本から最短時間で行ける欧州の玄関口として日本人が多く利用しているんだろうなと思う。

またもやバスに乗って、滑走路を走り「皆でブリュッセルへ行きましょうね~」みたいな遠足気分でフィンエアーに乗り込む(笑)

機体が軽いせいか、強力エンジンなのか、急加速でグングン上昇していくフィンエア―!

フェインランドの海岸線は複雑な地形ですね~

バルト三国やバルト海、ポーランド、ドイツ上空を飛んだのだろうか ・・・ 画面表示がないのでわからなかった。

ベルギーで見覚えのある運河システムが見えた ・・・ 高度も下がってきたので、そろそろブリュッセルだろう。

ベルギーの空、青空と地上との間に薄い層があるが、スモッグの層なのだろうか? なんだか、有害な空気の中でベルギー人は生きているのだろうか ・・・ なんて、不安なものを見たような気がした。

空港近くのベルギーの街並み。


無事にブリュッセル空港到着。
ヘルシンキから2時間35分のフライトだった ・・・ サービスはワンドリンクがあったのみ。

ブリュッセルでは到着して荷物受け取りまでの距離がかなり長く、動く歩道に乗っても15分以上はかかる。


タンタンのロケットもあったりして ・・・

荷物受け取りベルトの前に着いても、荷物はなかなか出て来なくて、20分くらいは待たされる ・・・ そんなに手際が悪いのだろうか。

ま、文句は言わずに待つしかない、ここはここだから(笑)

 お迎えはなく、自力で電車使用で帰る ・・・ スーツケースが3個で良かったよ。

3ヵ月ぶりの我が家に帰宅して、3ヵ月ぶりのベルギービールを飲む!

ぷはぁ~  うまい!

テラスから見える3ヵ月ぶりの風景に安堵する(笑)

しかし、テラスの手すりなどはかなり汚れている ・・・ ベルギーは留守の間、雨が少なく異常気象ともいえるような30度以上の暑さを何日も記録したらしい。

テラス下の庭の芝生は陽が当たる場所は枯れている ・・・ こんな場面はベルギーに来てから初めて見た。

そんなにひどかったんだ、話によると干ばつで水不足になる可能性があるので、「洗車」「庭への散水」が禁止されるという、深刻な事態になっているらしい。

というベルギーで、しばらく活動します。

おもしろかったら ・・・ こちら→にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ

役立つヨーロッパブログ → 人気ブログランキングへ

2 件のコメント:

8343yh さんのコメント...

おかえりなさい。
またしばらくは、ベルギー情報楽しみにしてます。
ところで、モモちゃんはまだ、ホームステイ中でしょうか?

Masayuki Oshiro さんのコメント...

8343yhさん、コメありがとうございます。
モモちゃんは、姉の家でのホームステイを終えてわが家に帰ってきました。
元気ですが、家の中で静かにしています。
僕がまだ散歩に連れ出していないので写真を撮っていなくて、話題になっていないだけです(笑)
おいおいモモちゃん情報も出てくることでしょう。