9.4.16

ブルージュの醸造所とカフェ

ブルージュ在住のテニ友(兼、飲み友)のAさんに会うために、ブルージュの地ビール醸造所「ハーフマーン醸造所(Huisbrouwerij De Halve Maan)」へ向かう。

マルクト広場から徒歩で10分程度だ ・・・ まぁ、勝手知ったるブルージュでは道に迷うことはない。

ハーフマーン醸造所(Huisbrouwerij De Halve Maan

醸造所の工場見学ツアーもできるが、僕は参加したことがない ・・・ 飲み専門です(笑)

 この醸造所の代表的ビール「Brugse Zot」のBlond と Dubbel。

たいてい、AさんはBlond、僕はDubbel だね。
工場併設のこのカフェでのみ、フィルタリングされていていない樽生が飲める ・・・ 希少なビールなのである。



 去年だったか、カフェ店内と醸造所の設備がリニューアルされて、工場設備が近代化され、カフェはモダンな感じになったのだが、僕は以前のままの方が良かったと思っている。

まぁ、衛生面とか、製造工程の効率化など、最新設備の方がいいのでしょうが ・・・

さて、この座ってビールを飲んでいる人たちは、ただの観光客じゃなくて、「ビール工場見学」を終えて、「おまけ」のビール1杯試飲をしている人たちだと思う ・・・ 僕が飲んだ黒っぽい色をしたDubbel を見て 「あら、黒いのもあったのね」 なんて、珍しそうに見ていたから ・・・

工場見学はお一人様8.5ユーロ(ビール1杯試飲付き)約45分の工場見学に 3.80ユーロのビール付きだから悪くはないと思うんだけどね(僕は参加したことがない)。

カフェには昔の打栓機が展示されている。

あ、・・・ Aさんとは約2ヵ月ぶりに会ったので、近況報告などして半時間くらいで別れた。

 ビール工場の前にはワル広場(Walplein)というのがあり、そこにこんなオブジェがある ・・・ 羽根の生えた馬に、騎手がいて、馬車には裸婦が ・・・ 

ゼウス・レダとプロメテウス、ペガサスがブルージュを訪問した ・・・ とな、意味不明だが面白いオブジェだ。

聖母教会の近くにある土産品店では、飴菓子の製作実演をしていて、いつも人だかりが出来る ・・・ たまたま、前の方に入り込めたので、しばらく見学していた。

また歩き出して、聖母教会 ・・・

救世主大聖堂の鐘楼

救世主大聖堂はブルージュ最古の教会。

内部に入ってみたが、ここも内部は大きな壁で仕切られ、すべてを見ることは出来なかった。

ただ、この立派なパイプオルガンは見ることが出来た。

救世主大聖堂を出ると、通りから鐘楼が見えるので、そこへ向かって歩く ・・・

 再びマルクト広場に戻ってきた

ここを通り抜ける ・・・

しばらく歩いて、角ばった建物がブールスの家 (世界で最初の証券取引所、両替所とも言われる)・・・ その左隣はフリッツ博物館。

ポールテルスロッジに向き合って建つ、ヤン・ファン・アイク(Jan van Eyck)の像。

ヤン・ファン・アイクの像からわずか100mくらいのところ、水曜広場(Woensdag Markt)に建つ ハンス・メムリンク(Hans Memling)の像。

水曜広場に面して建つ建物。

運河から見たポールテルスロッジの塔。

そしてやって来たのは、ブルージュ最古のカフェ、Vlissinghe

庭、夏にはテラス席がにぎわうが、肌寒く、小雨が降っていたので、客は屋内にいた。

ガーデンのチューリップが満開! 今が見ごろ!

このカフェでは、創業500年を記念して昨年登場したハウスビールを飲んだ。

そんなに古臭くもないと感じる内装 ・・・ 綺麗にされているからか?

お客さんはイギリス人が多いのかな?
英語の会話が多く聞こえた。

昨年から販売されるようになった、創業500周年を記念する「ハウスビール」 ・・・ なかなかうまいビールです。

僕はカウンターの席に一人で座っていたが、一息ついたスタッフ(若い男)が 「どうですか、このビールは?」 と聞くので 「おいしいビールですね」 と答えたら 「ありがとうございます」と答えてくれた。

 椅子が2脚しかない小さなカウンター ・・・ キッチンは階下にある。


おもしろいベルギーブログはこちら→ にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
役立つヨーロッパブログはこちら → 人気ブログランキングへ

アントワープ ホテル宿泊

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

Masayuki-san,

オランダ在住maiです。先日はリールの情報を教えていただきありがとうございました。
次回は7月上旬にリールを訪問する予定でホテルを予約しました!

さて今週末アントワープに行くことが急に決まったのですが、(オランダに住んでいながらアントワープは7-8年前に2回行ったきりです。)
Masayukiさんはアントワープにもよく行かれるようで、もしオススメのビールカフェ・レストラン(コンサートがあるので簡単に済ませられて、お腹がいっぱいになるようなベルギー料理)を教えていただけたらと厚かましくメールを差し上げました。

どうぞよろしくお願いします。

mai

Masayuki Oshiro さんのコメント...

maiさん、
コメントの書き込みなので、メールではありませんが、公開メールという事で・・・
アントワープでおすすめのカフェといえば、僕は大聖堂や市庁舎に近い「アントワープで一番古いカフェ、クイントンマセイス(Quinten Matsijs)」となります。
古いカフェの雰囲気むんむんしてるし(笑)、日本人マダムがいて、日本語で対応してくれるし、ビールはもちろん多種あり、料理もおいしいベルギーの伝統料理あり、日本人に人気のドライカレーなど、うれしい構成です。
僕は飲み歩きは良くしますが、食べ歩きの経験がないので、レストラン情報には疎いです・・・簡単で早くてお腹がいっぱいになるベルギー料理といえば「フリッツ」でしょう・・・フリッツ屋はたくさんあります(笑) が、僕はフリッツもあまり食べないので、どこがおいしいのかわかりません。
このブログ画面の一番上の左側に検索窓があるので「アントワープ」と入力して検索すれば、過去のアントワープ関連記事が表紙されますので、情報収集するにはいいかもしれません。

あ、7月上旬といえば、僕は沖縄でバカンス中です(^_-)-☆

匿名 さんのコメント...

Masayuki-san

お返事ありがとうございます。おっしゃるとおりコメント欄の本来の機能になっておらずすみません。。。。
Quinten Matsijs行ってきました。落ち着いた雰囲気で観光地の真ん中にあるにもかかわらず地元の方で賑わっており、
ラストオーダーを過ぎていたにもかかわらずマダムが快くドライカレーの注文を聞いてくださり、頂いてきました。
検索窓があることを失念しておりました。今後活用させて頂きます!厚かましい質問にも答えていだたき重ねてお礼申し上げます。

沖縄でのバカンス、うらやましい限りです。良い旅になりますように。


Masayuki Oshiro さんのコメント...

maiさん、良かったですね。
僕は今、オランダです・・・と、言ってもベルギーのすぐ隣の海辺(Cadzand)に来て、1泊してから帰ります。
観光化されてますが、自然はきれいです。
ドライブした周辺地域ものんびり感があって、とてもいいですよ。