17.10.15

近頃は料理研究家?

例の「ベルギーファミリーの食事会」に向けて、メニュー開発に励んでいる今日この頃です(笑)
メニュー開発とは、自分にとっての新メニューで、新たなレシピを発明する事ではない。

レシピ本を読んだり、クックパッドを検索してみたりね ・・・ どんなにおいしそうな写真があって、わかりやすいレシピが紹介されていても、その通りに作る事はほぼ不可能なので、結局、自分オリジナルになってしまう ・・・ そこが面白い所なんだけどね。

 さて、餃子修行も第4回目 ・・・ 野菜はキャベツ、人参、ニラ、生姜、にんにく ・・・ あ、このとんがったキャベツは日本では見た事がなかったもので、スピッツコール(spitskool)と言って、日本のキャベツの味と食感に近いキャベツ ・・・ ベルギーでは他にもたくさんの種類のキャベツがあり、硬く巻きすぎた物や、ふわふわ過ぎるものある。

野菜を刻んで刻んで、ひき肉を乗せて、混ぜ混ぜコネコネする。

ネットリするまで揉む!

包み方も、なかなか安定してきました。

練習のため、いったん冷凍してから翌日に焼いてみた ・・・ フライパンに薄く油をしいて焼く

底に焼き色が付いたら水を加えて、蓋をしてしばらく蒸す。

うん、なかなか良く出来ている!
と、そんな感じで餃子修行4回目でした。

続いてはチラシ寿司!

先日、アントワープのカフェ・クイントンマセイスへ行った際に「ベルギーファミリーのための食事を作らないといけないのだけど、何かいいのはないですかね?」 と、マダムQさんと常連客の日本人マダムに相談したら 「チラシ寿司をカップに入れた、カップ寿司というのは見た目もきれいで、食べやすいからいいんじゃないですか?」 との答えがあった。

うん、なるほど、それは面白そうだ!

と、家に帰ってからWEB検索したら、クックパッドや、Mitsukan酢のHPでもたくさん紹介されていた ・・・ なるほどねぇ~、今まで気が付かなかったなぁ。

で、さっそく作っちゃうのだ!

今まで僕の中では、チラシ寿司は「チラシ寿司の素(すし太郎など)」だったが、今回は混ぜる具まで自作する事にして、レシピ検索して、とりあえず作ってみた。

どうです?

ま、今回はあくまで試作なので、赤いイクラの小さいのみたいなものと、北海小海老、錦糸卵、スモークサーモン、カニ棒などを乗せたが、緑色がないね~、さやえんどうが必要か?

ついでに、カップ寿司と一緒に食べたのが、サラダ!

わが家のテラスで採れた新鮮ルッコラ、ヨモギも、赤シソも、産地から1分直送のテラス栽培(笑) ・・・ ルッコラなんか、ホントにおいしい!

で、チラシ寿司の具が余ったので、それを乗せて、玉ねぎスライスをまぶした ・・・ ドレッシングなしで食べられます。

まぁ、今日はこれくらいにしておこう ・・・ 続く(笑)

おもしろいベルギーブログはこちら→ にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
役立つヨーロッパブログはこちら → 人気ブログランキングへ

アントワープ ホテル宿泊

2 件のコメント:

Saori さんのコメント...

こんにちは。はじめまして。
ベルギーが好きで、このブログを見つけてからときどき読ませてもらってます。
餃子なんですが、キャベツは1回茹でてから水をぎゅーとしっかり切って、玉ねぎのみじん切り、ニラ、ニンニクすりおろしを混ぜるといい具になりますよ。あとあれば、ごま油で焼くと香ばしくできます。私もベルギーに行った時、日本食を披露しようとおもったんですけど、材料が揃わなくて断念しました。
海外で日本食、作るの大変ですよね~

Masayuki Oshiro さんのコメント...

Saoriさん、貴重なアドバイスありがとうございます。
次回はそれで試してみたいと思います。
ベルギーにいたんですね、皆さん日本食には非常に興味があって、期待されるんですよね。
ヘルシー、おいしい、健康!

がんばります!