16.11.10

あしてぃびち!

ティビチを作りました!

ベルギーでは豚肉は安い食材(肉)である。

2人分の1食で2.5€以下で十分の量がある、それにポテトはベルギー人の主食なので非常に安い!(野菜類は日本に比べて年間通して、安定的に安い) IMG_4999

そんなわけで沖縄で最もポピュラーな、豚足を利用した「足ティビチ」は、ここでは経済的においしい料理を作るには最適なメニューである。

しかし、やはり、作り始めてから食べるまでに5-6時間はかかります。

午前中から豚肉を茹で始めて、1回は洗って、また茹でて、火を止めて、ぬるくなったらまた茹でて・・・・(おいしく食べるために気長にやらねば)

かつおだしと塩、醤油、みりんで味付けをして・・・・

ポテト、人参、昆布(今回は長い昆布がなかったので結び昆布は出来なかった)、しいたけ(ベルギー産生シイタケ//SHIITAKE//と表示して売っている)適当にレタスや白菜を追加!

大根は使い切ってしまっていたので今回はない、残念!

大根ねぇ、人の腕1本くらいの大きさで1€チョイで買える(120円くらいか)

 

日本にいる皆さんには申し訳なく思うが、消費税21%の国で税込み価格で日本より安い食材が豊富である。

日本は消費税を少し上げる事で大騒ぎになるが、要は使い方の問題だよね、ベルギーでは高速道路が発達していてすべて無料、自転車道の整備も行きとどいていて、リフレッシュできる環境がすぐそこにある。

消費税を10%にしても、生活物価を15%下げられればだれも文句を言わないでしょ?・・・しばらくは被害妄想にとらわれると思うが。

 

訂正:すべての消費税が21%ではないようです。

ベルギーの消費税、食品は基本的に6%。、イクラ、ウニなど贅沢品は21% 、 車、電気製品も21% 、レストランでは食事が17%、ドリンクは21% 、持ち帰りの料理は6% 、 カフェでは、スパゲッティー、ラザニア、サンドイッチなどの軽食のみ6% 。

という複雑な税制の様です。・・・・この投稿した後、ベルギー在住歴の長い方から教えていただきました。

 IMG_5001

昨日の青空晴天から一転、雨は降らないものの、霧が深く覆っている今日のベルギー。 IMG_5005

こんな時の散策も悪くはないか。

あ、突然思い出した!

「あしてぃびち」食べる足ティビチの他に、沖縄には創作ダンスの「あしてぃびち」がある。

ご存知の方のいるかと思いますが、沖縄では結婚披露宴の時、友人知人、親せきが、それぞれ芸を出し合って「大余興大会」になる。

その中の演目に「あしてぃびち」なる創作ダンスがあり、音楽なしで応援団よろしく団体で歌いながらおどる勇ましいダンス。

ここでうまく表現できないが、滑稽でありながら、団体でみんなの型がはまった時の感動は、いまだに忘れられない。

ひょっとしたら、僕が住んでいた沖縄南部での局地的な名物だったかもしれないが、まだこの芸を出来る人はいるのだろうか?

出来る事なら、もう一度見てみたい「沖縄の踊り」である。

アキヒロ~ 元気かぁ~!

と、ある人の顔を思い出す「あしてぃびち」

もっとおもろいベルギーブログはこちらにほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
もっと幅広いヨーロッパ情報はこちら 人気ブログランキングへ

2 件のコメント:

ema さんのコメント...

おぉ~、「足ティビチ」ですね!
ベルギーでこのお料理に出会うとは!
足ティビチもグローバルですね。
丁寧に手間をかけて作られたようで、きっと美味しかったことでしょう!

「足ティビチダンス」???
ウチのエリアでは聞いたことないですよー。

masayuki.be さんのコメント...

ダンスの「あしてぃびち」は、創作なので全県的には広まってないと思いますが、結婚式の余興でしか見られないので(僕の中では)重要無形文化財です。誰かが保存継承しないといけません!・・・・僕はやった事ありません。

ベルギーで食べる足ティビチは、豚足の上部の方で、お肉がドンっと付いてますから、食べごたえがありますよ!
もちろん、おいしかったですぅ―!

写真だけでゴメンナサイ。