11.12.11

ネロとパトラッシュがぁー!

クリスマスマーケット・オープニングのアントワープへ行ってきた。(土)

IMG_6191

市庁舎前の広場フロートマルクト。

ブラボーの噴水にマーケット小屋、そして満月!

IMG_6203

広場を見下ろすように建つ聖母大聖堂の鐘楼。

IMG_6207

鐘楼のたもとには例年通り、キリスト誕生小屋が出来ていた。

まだ、キリスト誕生には早いが・・・

IMG_6209

中にいたのは、「な、なんと!ネロとパトラッシュではないかぁ!」

びっくり仰天! ちょっとうれしいが・・・

IMG_6210

他の人形もあって・・・、こちらはテーマが違うようだ。

IMG_6216IMG_6213

「Nello en patrasche」のストーリーが詳しく説明されている。

IMG_6218

アントワープのHobokenにあるという、貧相なNello en patrasche像より、かなりマシだと思う・・・。

ご存知のように「フランダースの犬」の作品自体、ベルギーではあまり有名ではなかったが、日本人観光客が、ネロとパトラッシュが死んだ聖母大聖堂と、ネロがあこがれて、死ぬ前にひと目だけ見たルーベンスの絵を求めて、大挙して押しかけて来るので、アントワープ観光局も目覚めてきたという話である。

それを観光資源にしようと、ネロたちが住んでいたとされるホーボーケン(Hoboken)に、あまり出来のよくないネロとパトラッシュの像が出来た。

思惑通り、日本人観光客がよく訪れているそうだ。

聖母大聖堂の前広場にも、日本・ベルギーの友好の印として「Nello en patrasche」の石碑が置かれ、歩き疲れた観光客の椅子代わりに活躍している。

そして、今回は「キリスト誕生小屋」に登場したことは、かなりの昇格ではないか?

これでまた、日本人観光客が増えるぞぃ!

IMG_6224

聖母大聖堂の横で花火を見た!

昨日も書いたが、ベルギーの花火はかわいいものだ。

どれ位かわいいかというと・・・・

IMG_6253

高さ123mの大聖堂の鐘楼と比較するとかわいそうだ?

花火が足元で笑っているようでしょ!

ま、見る角度にもよるが、そう遠くない所で打ち上げているのだよ。

アントワープでは昨日(12/10)、クリスマスマーケットのオープニングで「光のパレード」なるものもあって取材?してきたのだが、それはまたあとで・・・

もっとおもろいベルギーブログはこちら→ にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ

もっと幅広いヨーロッパ情報はこちら→ 人気ブログランキングへ

2 件のコメント:

oshima さんのコメント...

素敵な写真ありがとうございました。地味でいて実はとても大きな変化だと思っています。ベルギーでの普及を願っていた私にとってとても嬉しい事です。

石碑も多くの人が触れて石がまるくなるくらい知ってもらえたらと願っています。

masayuki さんのコメント...

キリスト小屋に登場したという事は、正式に認知されたといえるのではないでしょうか。
まだこの物語の存在を知らない、アントワープの人々にとって「フランダースの犬」の存在を知るきっかけになると思います。