16.10.12

ゲント観光はどうだ!Gent

訳ありでゲントに行ってきた ・・・

訳はあとで話そう ・・・ ゲント、ゲントといえば美術の好きな人にはバーフ大聖堂に所蔵されている「神秘の仔羊」を一目見たいという人も多いだろう ・・・ 歴史好きな人には16世紀に神聖ローマ帝国が、隆盛を極めた時の皇帝カール5世が生まれた町として知られているかもしれない ・・・ 町は13世紀から15世紀にかけて、繊維産業で栄え、壮大なギルドハウス群が、レイエ川沿いに建ち並んでいる ・・・

そんな、古い歴史を今でも感じられる町がゲントだ!

IMG_5719聖ミヒエル橋から見える、聖ニコラス教会、鐘楼、バーフ大聖堂の塔。

IMG_5813

訳を話そう ・・・ ベルギー国鉄では秋の格安チケットを提供している(10月9日から11月4日まで)ベルギー国内ならどこへでも片道5€というチケット! ・・・ これは安い! しかし、このチケットはインターネットで、E-チケットで購入しなければならないのだ ・・・ 明日(火)ブルージュへ行くために、僕はそれを購入しようと、ベルギー国鉄のサイトで必要事項を記入し、クレジットで決済し、無事E-チケットをゲットした ・・・ が、・・・が、 よく確認してみたらチケットの日付が今日(月)になっていたぁー ・・・ガ~ン!

これ、変更することできないし、返金もできない・・・使うか捨てるしかないのだ ・・・ どうする? ・・・ 僕ならもちろん使うサ!

ブルージュは明日行くんだし、今日行っても意味がない ・・・ そこで、その途中にあるゲント行きが浮上してきたのである ・・・ この時午後4時、時間がない ・・・ 即、実行!

というわけでゲントまで行ったのだった ・・・ 通常片道運賃が10.30€だから、半額以下で行けたことになり、「得をしたんだ!」と言い聞かせて、ゲント観光をする。

ところでリールからゲントまで電車で1時間15分ほどかかるので、ゲントに着いたのが午後6時前になっていた ・・・ 天気は曇り空、もう暗くなりかけている。

そんなゲント観光の写真は、後日UPするとして ・・・

IMG_5582ゲントは素晴らしい街でありながら、なかなか気軽に行けないという、僕なりの理由は、この路面電車の乗り方がイマイチわからないからである ・・・ 国鉄駅からゲントの中心部まで歩くと30-40分かかる。

しかし、先日のブリュッセルでの地下鉄チケット購入、路線図の見方などで鍛えられたような気がする、自信がついたというか・・・

IMG_5814

今回は券売機で、事前に購入、利用することができた(1回券1.20€)

一昨年、甥っ子Kと行った時は散々だったからなぁー。

IMG_5761もともと、到着時間が遅かったため、夕暮れどきと暗くなってからのゲントの写真をたくさん撮ることができた。

ちょうど、帰る頃には雨が降りだした・・・。

今日はトラブルなく、無事に家に着いた。

IMG_5816

話は変わるが、わが家の秋の味覚は「ナッツ類」 ・・・ 今日、スーパーで買ってきたんだけど ・・・

IMG_5817

くるみ、ヘーゼルナッツ、アーモンドのミックス、この分量で2.3€くらいだった。

IMG_5819

この、くるみ割りバサミで、パキン、パッキンと割って実を食べる ・・・ これがなかなか楽しいのだ! ・・・ それにしても、アーモンドの殻は硬いなぁ。

おもしろいベルギーブログはこちら→ にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ

役立つヨーロッパブログはこちら → 人気ブログランキングへ

blogramのブログランキング

2 件のコメント:

お蝶夫人 さんのコメント...

私のゲントの思い出=腹立たしいモスクワ、ですわ。私達も乗り方がよくわからず、一応誰かに聞いてみようと私が提案したところ、主人が「ヨーロッパのトラムはどこも円状なはずだから(何故?)どれに乗っても中央駅に着くはず。日本人のあんたよりヨーロッパ人の僕のほうが欧州各国については詳しいんだから」と偉そうに主張したため、長い間電車に乗っていましたが、結果モスクワという停留所で降りる羽目になりました。

その後のヨーロッパ旅行では全て私に決定権がありますわ。

masayuki さんのコメント...

どれに乗っても同じなら1番とか2番とか分けなくていいってことになりますけどね20番台まであるますからね・・・複雑です。
地元に住んでいない限り、行くたびに迷うと思います。
でも僕も少し、乗り方がちょっと分かってきて、嬉しいのです。