30.12.09

クリスマスにブルージュ 4

ブルージュ3日目(26日)は時々、陽が射したりしたので、町はまた違う感じで見えた。

12時がホテルのチェックアウトなので、10:30頃荷物を持ってホテルを出ようとすると、ホテルの方は「今日も市内見物するのであれば、荷物はお預かりしますよ」と言ってくれたので、お言葉に甘えて、リュックを預けて、カメラバックだけで身軽に歩く事が出来た。

ホテルからは広場が近いので、まず広場に行く。

IMG_6712 あの切り妻屋根群もきれいです。IMG_6907

州庁舎(ブルージュは西フランドル州の州都)19世紀に建てられた。

手前の影の部分はクリスマスマーケットの小屋。

IMG_6904

高さ88mの鐘楼(13-15世紀)

入場料6ユーロで、塔の階段を登る。IMG_6893

366段あるそうだ、上に行くに従って幅も小さくなり、上り下りの人がすれ違う事も難しくなるほど。

IMG_6880

約80mの高さ辺りで展望台になる。

たくさんの赤い三角屋根と、フランドル平原の地平線まで360℃見渡せる。

IMG_6866

しかーし、塔の上は風が強く、気温が1-2℃くらいでは、体感温度はもっとだ。

寒かったぁー、鼻水が出てくるので、のんびり眺める事は出来なかった。

 

IMG_6731

塔から下りてきて、市庁舎のある広場へ。

市庁舎は14-15世紀に建てられ、ベルギーの中でも最も古いものの一つと言う。

それにしては立派だし、中も広々として絵画の展示がされ、2階のゴシック様式のホールも壁画や天井などが有名であるらしい。観光客にも公開されているが、今でも市の会議やレセプション、結婚式などに利用されているらしい。

もちろん、市行政の実務は、ここでは行われていない。

IMG_6736 公文書館(旧裁判所として1537年完成)

リフォームを終えたばかりなのか、真っ白いきれいな壁に金色の装飾が上品に見える。

 

IMG_6742

当初は裁判所だったことから「公平の秤と断罪の剣」を持つ女神像が立っている。

旧裁判所だった部屋に、カール5世を称えるための、豪華な暖炉がある事で有名である(見学は有料だが、市役所の2階ホールとの共通チケットで2€だから高くはない)

前日(クリスマス=25日)は、休館の所が多かったが、今回は内部見学できたので良かったが、有料の所は大抵、写真・ビデオ撮影が禁止でした。

IMG_6746 聖血礼拝堂IMG_6760 入り口の左上に「ブルゴーニュのマリー」の像がある。

聖血礼拝堂には、キリストの血(聖血)が奉納されていると言う、十字軍時代の金羊毛騎士団の礼拝堂。

キリスト昇天祭の日(5月)には「聖血の行列」と言う、有名な祭りがある。

IMG_6763 運河沿いにある魚市場IMG_6773 今でも魚を売っている。IMG_6787 絵葉書にしたくなるような風景。IMG_6844     マルクト広場へ向かうショッピングストリート。

結構な人出でしたね、切り妻屋根の後ろに鐘楼が見える。

IMG_6960

広場から近い所にある劇場の前には、モーツアルトのオペラ「魔笛」に出てくる鳥刺し「パパゲーノ」の像があり、意味不明だが面白い。

 

そんな感じで、またまた1日をブルージュで過ごし、夕方近くにホテルへ戻り、荷物(リュック)を受け取って駅まで歩く(25-30分くらい)。

家に帰るのではなく、次の目的地は東フランドル州の州都ゲント(Gent)市だ。

もっとおもしろいベルギー話はこちらにほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へにほんブログ村ブログランキング

2 件のコメント:

Chiaki さんのコメント...

あけましておめでとうございます!
ブルージュ!!!
ホントに素敵ですね。写真も素晴らしいし、天気もいいみたいだし私が訪れたときより綺麗です!
何泊もしたのですね、私が行ったときは丁度クリスマスマーケットの準備をしてました。
あの、ギザギザの屋根の家のつくりが気に入ってその形の絵葉書を買いましたが、あれって大雪のとき大丈夫なんですかね。。。??って思いました。笑

また今年も沢山の綺麗な写真楽しみにしております!よい年を!!

masayuki.be さんのコメント...

おめでとうございます。2010年もよろしくお願いします!

けして天気はいい方ではなかったんですが「晴れ男」の面目躍如という事で、時々晴れ間が見えた程度です。

ブルージュ!何時間歩いても飽きない!また違う季節に行きたいと思います。

そう、あの三角屋根が1軒だけなら、雪は積もらないはずだが、5-6軒も連結してしまうと、三角屋根の意味がないんじゃないか?
んー?疑問ですー、いつか調査したいと思います。

今年もベルギーをお楽しみください!