29.10.10

ベルギーはお墓参りの季節

11月が近付くとベルギーの墓地には、人の出入りが多くなる。

11月1日が「万聖節」(諸聖人の日とも言われる)で、ベルギーの祝日となっていて、その前日がハロウィン、次の日は「死者の日」と言う事で、

11月2日は「死者の日」死者の魂に祈りをささげる日と言う事で、日本のお彼岸のように墓参りをして、墓石をきれいに洗ってあげて、花を捧げる。

Photo-12この時期は紅葉がきれいな季節 IMG_3488

街の郊外に墓地はある。 Photo-13先日のLierseの練習を見に行った時、途中にある墓地に立ち寄ってみると、墓石がきれいにされて菊の花が飾られているお墓が多かった。

墓地の入口では「菊の花専門」の花屋さんがテントを建てて臨時営業をしている。今週末が一番の稼ぎ時だろう。 IMG_3483

こちらは10月22日の同じ墓地。 Photo-15

ブナの木の並木道Photo-16

ベルギーでは、今が紅葉の見ごろかもしれない、一部ではもう枯れ枝状態になっている木もあるが、紅葉する木々は今が一番きれいだとおもう。

もっとおもろいベルギーブログはこちらにほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ

もっと幅広いヨーロッパ情報はこちら 人気ブログランキングへ

2 件のコメント:

morgen さんのコメント...

おはようございます。
台湾の墓参りの日は四月五日です、ぜんぜん違う季節ですね。ところでこの近くは日本みたいな紅葉をあんまり見えませんね!

masayuki.be さんのコメント...

morgenさん、沖縄も墓参りは旧暦を使いますのでお彼岸と言うより、清明祭なんですよね、4月の中旬です。台湾に近いと思います。

フランダースは山がないので、日本の様な紅葉は見えないですよね。ワロン地方に行くか、ルクセンブルクまで行くかしないと山の紅葉は見られない。

公園や民家の庭に、時々、日本のモミジ(真っ赤に紅葉するカエデ)があるのを見ますけどね。