10.11.11

アントワープ観光

先日、Lier市内の観光案内をさせてもらった、ロンドンからベルギーひとり旅のKさんは、5泊6日もLierに住んでいた!

よほどLierの町が気に入ったらしく、同じ場所をひとりで何度も何度も歩いた・・・。

カリヨンの音と、静かな街並みに癒され、穏やかな市民を観察し、カフェでコーヒーを飲みながら本を読み、落ち着く時間もたっぷりあった・・・。

珍しい旅行者だよね、初ベルギー旅行で「あっちもこっちも行きたい!」というのが普通だと思うが(わが4姉妹のように・・・)。

「Mechelenの町もいい所だよ」と、アドバイスしていたが、そこへも行かず、ずっとLierにいたというのだ・・・、ある意味贅沢だね。

IMG_3668

そんなKさんを「アントワープまでは近いし、案内するよ!」と、僕もちょっと街を歩きたかったので、一緒に行った。

IMG_3669

IMG_3675

着いた駅が立派な観光名所だ!

IMG_3676

アントワープ中央駅のてっぺん!

IMG_3677

 横浜中華街じゃないよ!

アントワープの中華街も少し歩いてみた。

IMG_3681

一番のショッピングストリート(Meir)へ出る。

「ルーベンスの家」にも行ったんだけどね、行っただけで博物館になっている内部には入らず、外から覗き見しただけ・・・。

IMG_3687

ヨーロッパ初の高層ビル。

IMG_3688

アントワープのシンボルは「手」だ!

IMG_3689

フルン広場

IMG_3694

IMG_3695

ルーベンスさんも「手」を広げてます。

アントワープへようこそ!

IMG_3704Kさんは、「アントワープ聖母大聖堂の、ネロが見たがっていたルーベンスの絵を見たい!」と言うので、「僕はもう、何度も観たから、そこの角のカフェでビールを飲みながら待ってるよ」と、ひとりで入ってもらった。

僕はひとりで角のカフェへ行くと・・・なんと!休業日だったぁ!

大聖堂の前に工事車両が止まっていて、向こうのカフェの様子が見えなかったんだよなー・・・、くそ!

って、となりのカフェを見ると、外から見えるテラス席は満席。

しょうがないから、近くのミニスーパーで缶ビールを買ってきて、大聖堂前にある銅像の下の石段に腰かけて、外で待つ事になった。

IMG_3738

 銅像っていうのがこれで、これもやはり「手」を持って投げようとしている・・・、少し前に書いたアントワープと手にまつわる伝説の兵士ブラボーの像である。

市庁舎前の噴水とは違うが、この銅像の作者が Quinten Matsijsという人で、あの古いカフェ「Cafe Quinten Matsijs」の店名にもなっている、えらい方なのである。

まあ、古いカフェのテラス席でビールでも飲んでいると思えば、お安いものだ。IMG_3742IMG_3743座っている場所から見る、大聖堂前の広場の様子、となりのテラス席はガラガラに空いているが、レストランの席なのでビール1杯で座るには気が引けるのだった・・・。

(その隣で缶ビールを飲むというのも、なんだか・・・なんだが)

IMG_3711

Kさんが出てくるまでに1時間はかからなかっただろう、「素晴らしかったー!」 ・・・ネロとパトラッシュに出会えたような気がしただろうか?

IMG_3718

市庁舎前のブラボーの噴水。

IMG_3728

手を切り取られた悪者、巨人ドリュオン・アンティゴーン!

「手」だけじゃなく、頭も切り落とされているではないか!

IMG_3749

18:30頃、夕暮れになり、ライトアップされた大聖堂。

アントワープで一番細い路地(Vlaaikensgang)に入り、迷路探検を始める!

Pelgrom (Pergrimsstraat15)

わくわく・ドキドキ、重い木のドアを開けると居間と暖炉。

Pelgrom (Pergrimsstraat15)さらに先へ行くと、淡いライトが点いた地下への入り口が・・・

Pelgrom (Pergrimsstraat15)店の看板がある

「Pelgrom Taverne-Restaurant 」

 Pelgrom (Pergrimsstraat15)

これはまさに隠れ家だ!

Pelgrom (Pergrimsstraat15)

ところどころに生活用品のような置物があり、

Pelgrom (Pergrimsstraat15)

Pelgrom (Pergrimsstraat15)

地下道は結構長く続いている。

Pelgrom (Pergrimsstraat15)

Pelgrom (Pergrimsstraat15)

Pelgrom (Pergrimsstraat15)

まるで博物館だ!

Pelgrom (Kwak bier)

15世紀にできたらしい地下室の古いカフェでKさん、Kwakビールを飲む!

僕は普通にLeffe Blond。

Pergrimsstraat地下の古いカフェから出ると、すっかり暗くなっていた!(Pelgrimsstraat15)

赤い窓と赤いドア、赤い枠の看板が目印。

Pergrimsstraat

地下室から出てきたら、素晴らしい大聖堂の姿が目に飛び込んでくる!

IMG_3775

再び迷路探検、ここにも地下へ降りるように入っていくレストランがあった!

IMG_3776

酔っぱらってから入ろうものなら、危ない石の階段!

IMG_3780

IMG_3782

ライトアップされた大聖堂のそばに満月が!

Cafe Quinten Matsijs

今度は地上にある古いカフェ「Cafe Quinten Matsijs

ここでは、僕が来ることを予知していた散策夫妻が先に来ていた!

11日に行われるサッカー日本代表の、対タジキスタン戦をアントワープの自宅PCで、オンラインLIVE観戦する相談をするためだった。

そうなのだ、明日だ!・・・リール(Lier)から送り出したGK川島選手をアントワープから応援するのだ!(総勢5名くらい集まる予定)

IMG_3787

とりあえず、アントワープの地ビール「ボルケ=De KONINCK」をKさんにも飲んでもらう。

IMG_3786ほら、「手」のマークがあるでしょう!

IMG_3793

僕はマレッツ・ブラウン(MAREDSOUS BROWN)、Kさんはラ・シュフ(LA CHOUFFE)で、〆

アントワープ観光は、半分はカフェめぐりだった。

 Stadhuis van Lier

アントワープから帰ってきたら、静かなLierの町だ。

もっとおもろいベルギーブログはこちら→ にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
もっと幅広いヨーロッパ情報はこちら→ 人気ブログランキングへ

2 件のコメント:

ema さんのコメント...

今日も素敵な写真に感動です♪

masayuki.be さんのコメント...

emaさん、ありがとうございます!
ベルギーはめっきり寒くなりました。
沈みがちな気分になりますが、楽しみを見出して冬を乗り切りたいと思います。