8.8.10

風車のある町Bouwelへ

金曜日のFietsen(自転車乗り)、天気が良くて久しぶりにベルギーらしい夏を満喫しました。

ベルギーらしい夏とは、「気温22-3℃でカラっとして涼しい」と言った感じか…、ちょうどそういう天気でした。

その日の目標は、自転車ルートで22km先にあるBouwel(ボウウェル)と言う町の風車。以前にも自転車で行ったことがあるが、その時は厚い雲に覆われ、雨が降ったりで散々な日だった。写真的にも良くなかったので、その雪辱をしに行くのだ!

IMG_7091

まず川沿いの自転車道に出る。

左が牧場で、土手の上に自転車道があり、右側が川なんだが、「川面が牧場より高いかもしれん」と思う所もある。

IMG_7093

馬牧場

IMG_7111

通りかかったGestelという集落(軒下の緑はブドウですよ!)

IMG_7114ただでさえ緑に囲まれているのに、ここまで・・・かぁ! IMG_7120集落の小さな教会、敷地内は墓地になっている。 IMG_7130道端の草花、キキョウだろうか? IMG_7141川に架かる橋(自転車専用)のたもとのベンチで、新聞や本を読む老夫婦。近くに自転車がなかったので、わざわざ歩いてこの場所まできて、こういう事をするのです・・・・ベルギー人。(天気がいいと、こういう行動をする) IMG_7152自転車ルートの標識。(トウモロコシ畑の間の小道だが、自転車のためにコンクリート舗装されている)

こんな風に目立つようにあるといいんだけどね、時々、町中ではいろんな看板があったりして、見落とす場合がある。そういう意味でサイクリングはグループで行った方が見落としが少なくて済みそうだ。 IMG_7165飛び立とうとしている、草の種。 IMG_7171自転車道からちょっと林の中に入った所にあった、白い建物。

Bevelと言う集落のはずれにあるチャペル(Kruiskensberg chapel)

あまりにも白いので、近づいて小さな祠の窓を覗いていたら、近くにいた男の人が「ペンキ塗りたてだから触らないでね、ベンチにも座らないでね」とオランダ語で言った。

もちろん僕がそこまでオランダ語を分かるわけではない「geschildend」(ヘスキルデンド)「ペンキを塗ったよ」という単語が聞き取れただけである。あとは状況を見れば察しは付く。

ペンキ塗工の男は「9月の○○日にはここでイベントがあるから奇麗にしているんだ」と言った。僕は「とてもきれいですよ!」と褒めてやると「そうでしょう」と満足げだった。 IMG_7178その奥の林の中で子供たちが遊んでいた。 IMG_7184Herenthoutと言う町の一角には広大な森の区画(Merodebossen)が残されていて、その中を自転車道が通っている。IMG_7196森の中で発見した木イチゴの実。

この森の中にもブラックベリーの実がたくさんありました。 IMG_7216森を抜けて、次の町へ向かう小道わきの小川。 IMG_7223その日の目標だったBouwelの箱型風車が見えてきた。 IMG_7234やはり青空と白い雲と、陽の光を浴びていると絵になる。

きれいだ。満足、前回の曇り空のこの風車と比べてみてください。 IMG_7235そのまま油絵風にして、額に入れて飾りたいくらいです。 IMG_7241この風車の案内板

名前は「De Molen van Bouwel」単純に「ボウウェルの風車」と言う事です。

この写真は第2次大戦終戦後と思われます。羽根も折れ無残な姿になり、しばらく放置されて朽ち果てていたが、1973年に修復されたようです。IMG_7245やっぱり天気の良い日に来るべきです。 IMG_7257Bouwelの教会  IMG_7295再び川沿いに来て、牧場風景を撮っていると、お母さんと3人の男の子のサイクリングが通りかかった。僕が写真を撮り、手を上げて「ハロー!」と声を掛けると、男の子たちが、はにかみながら「は~ろ~」と答えた。 IMG_7298Emblemの運河に架かる橋、帰り道、Lierまであと少しだがすでに40kmくらい走っているので、くたびれていた。お尻は痛いし、ペダルをこぐ足も疲れ果てていた。「おなかも空いたぁー、もう休みたい」と思う気持ちと「停まってからの再スタートは疲れるから家まで一気に頑張ろう」と言う気持ちが、しばらくの間交錯した。 IMG_7301しかし、限界だ。やっぱり休む。

川の土手にはホップのつるが伸びて、もうすぐ花を咲かせる準備をしている。

持っていたビスケットを食べる。

ブラックベリーの実もあったので、摘んで食べる。 IMG_7307

軽快なサイクリング野郎が、シャーっと通り過ぎていく。

僕のサイクリングは40kmくらいが適当かな?

10kmを普通に走れば、大体40分位で行ける。(時々止めて写真を撮って)

40kmだと160分(2時間40分か)

この日は46kmを5時間かかった。

途中で、ブラックベリー狩りに夢中になった場所が2か所あったからです。

ブラックベリー第2弾はまたあとで書きます。

もっとおもろいベルギーブログはこちらにほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ

もっと幅広いヨーロッパ情報はこちら 人気ブログランキングへ

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

初めまして!
初めてのコメントになります♪
アタシも沖縄で生まれ育ち、
今、ベルギー在住の方とペンパルをしています。(生まれはは北フランスらしいです!)
ベルギーは凄く良い場所ですね♪
自然に溢れた感じが
沖縄と似ているのかなぁ~と
写真から少し伺えました♪
まだまだ始めたばかりなので
土地の事等、詳しい事は解りませんが
思わず同じ沖縄出身という事に驚いて
コメントしてしまいました(^^;)!笑
これからも
更新楽しみにしています♪
語学の勉強も頑張って下さい☆

masayuki.be さんのコメント...

はじめまして!コメントありがとうございます。
ペンパルとは懐かしい言葉ですね。

ベルギーは「夏だけ」良い所です。冬は長く、暗く、寒く、大変です。

今(夏)は写真をたくさん載せられるからいいんですけど、冬はネタ不足で困ってしまいます。
今後ともお楽しみください。

語学・・・難しいですねぇ・・・ガンバリマス。