24.5.11

パンツの紐が切れて負けた!

去年のバンクーバー冬季五輪で、フィギアスケートの男子、織田信成選手の演技中にスケート靴の紐が切れて演技中断し、7位に沈んだ事件も記憶に新しいのだが・・・。

そのニュースを聞いたとき「そんな馬鹿な、靴紐くらいしっかりチェックして結んでおけよ!」と思っていたのだが、後日談によると「切れていたのは知っていたが、微妙な感覚が狂うを恐れて、応急処置で望んでいた」のだそうだ。

 

ふーん、そうだったのか・・・と、少しは納得できる。

 

僕は今日、テニスの大会2回戦で、ウォーミングアップを始める時にテニスパンツ(短パン)の紐を締めて始めようとしたとき、引っ張ったら、ひもが切れてしまった!

 

うっ!しまった・・・・、よりによって一番ゴムの緩いパンツだぁ!

 

テニスパンツを3枚持っているが、2枚は洗濯中で、僕には選択の余地がなく、一番古いパンツを持っていったのだった。

紐の切れた、ゴムの緩いパンツの応急処置の方法もなく、そのままウォーミングアップをして、試合は始まった。

知らない人には気付かない程度かもしれないが、僕はちょっとパンツがだら下がりの感じがして、時々上に引っ張ってからサーブを打ったりしていた・・・・

しかし試合の方は、第1セット僕らがリードして始まり、最後まで逆転を許さず押し切って6-4で先取した。

相手ペアは二人とも40代で、合計持ちポイントも30で、僕ら(20)より大きかった・・・

これに勝てば大したもんだ、負けてもいいという気持ちはなかったので頑張った。

第2セットから相手はレシーブの位置を入れ替え、作戦を変えたようだ・・・、男子が積極的にネットでアプローチするようになり、それにつかまってしまった・・・・、いいプレーも随所にあったが3-6で落とす。

1セットオールになると、ダブルスルールにより10ポイント先取のスーパータイブレークになる。

第2セットから、相手は本来の力を発揮したと言っていだろう、タイブレークでもずっと相手のリードで、7-9のマッチポイントを握られ、僕の所に来た甘いボールを、ボレーでサイドを狙ったが、わずか1cmくらいのアウトでゲームセット!

格上に勝てるチャンスを逃がした悔しさが残った・・・・残念!

昨日は2つ勝って大喜びしたが、次の日も試合があれば「明日はどうなるか分からない」ものなのだ。

反省点は「やっぱり僕らは大会慣れしていないよね、もっと大会に出なければ…」という結論だった・・・・その前にたくさんのタラレバを語ってからの結論。

来週、僕は男子のダブルス大会に出場する。

 

IMG_6337

テラスに咲いているベゴニアの花(ベルギーの花と言えばベゴニア)

IMG_6345 同じくテラスで咲いている「ネギの花」ネギは料理に使っています。

IMG_6336

テラスから見えるセイヨウブナの枝で子育てする「シジュウカラ

ウチの部屋の上の階で、いくつも巣箱を設置して、餌もたくさんあげているので多分、巣箱で巣立ったヒナを外の木に移し、餌は上の階から親鳥が運んできているのだと思う・・・

うーん、そんなに人間に依存していいのでしょうかシジュウカラ君。

もっとおもろいベルギーブログはこちら→ にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ

もっと幅広いヨーロッパ情報はこちら→ 人気ブログランキングへ

2 件のコメント:

Q さんのコメント...

パンツが全部ずり落ちなくって、なによりです!(笑)
お疲れ様でした~。

masayuki.be さんのコメント...

その試合がクラブカフェの正面、センターコートでの試合だったから、ヒヤヒヤものでした。
男のパンツが落ちたって笑い物にしかならないからね~!
そんなパフォーマンスにならなくて良かった。