2.3.09

庭に戦車のある家 ジェット機の飛ぶ道

  土日のペール(Peer)市、ミニ旅行。距離にして80kmだったら、沖縄本島の長さより短いから、大したことないか?

 車で1/3位は高速道路で走ると1時間10分くらいで着く。

 姉夫婦の家に、夕食と1泊の宿泊に行くのだから、のんびりでいいという事で、珍しいものを発見したら、車を止めて写真を撮ったりしていた。

 Kw.Mechelenという小さな町の教会。周りに障害物がないので撮った。ベルギーでは街・村ごとに、こういった教会が建っている。役場とも違うが、キリスト教徒は教会で洗礼を受けて、教会のリストに載り?社会の一員となる(詳しくは分からないので、間違っていたらゴメン)。

 大抵は街の中心にあり、聖堂と鐘楼の組み合わせで、街のどこからでも見えるほどの高い塔を持つ。こんなにたくさんの教会を良く、造るよなあと感心するほどだ。

 続いて現れたのは「庭に戦車のある家」。以前から目を付けていたが、今回は車を止めて写真を撮った。

 見た感じ、豪邸の芝生の庭に、番犬の代わりに戦車で警戒しているような雰囲気だ。街で突然こんなのを見たらビックリするよ!

 庭にはベルギー国旗などが掲げられているので、公的施設かなと分かる。家の前のバス停には「MIRITAIR HOSPITAAL」と書いてあった「軍病院前」と言ったところか。

 次に見たのは、道路上を低空飛行するジェット戦闘機。

 これもよそ見をしてて、前を見たら突然ジェット機なんて、あったらびっくりするわ!

 これは道路の交差点がロータリー式になっている、真ん中のスペースに、オブジェとして建てられたものである。
 なんでまた、この辺はこんなオブジェが堂々と展示?されているのかと言うと、ベルギー王国の軍事基地があるんですね。写真に撮らなかったが道路沿いに旧式の複葉機が無造作に置かれていたりもしていた。ベルギーは小国ながら軍を持っているんだよね。

 日本と同じく、アメリカ軍も駐留しているらしい。

 ま、そんな基地がある中で、周りはのどかな田園風景が続く。

 牧場にはロバや馬や羊、牛、鹿などが放牧されている。姉の家の近くには乗馬クラブがあって、時々は乗馬の大会が開かれ、駐車場がいっぱいになる時もある。

 大会がなくても「馬の道」があるので、道路を馬に乗って歩く事が出来るから、利用者も多いようだ。
 この一帯の道路には、自転車の道、馬の道のルート表示がされていて、自転車にも人気の地域だ。「馬、馬車のルート30番はこちらです」の標識。迷子にならないように、あちこちに標識があり、時々はマップの掲示板がある。

 1馬力の馬車でオープンエアーで牧場を走らせるのは気持ちいいだろうなぁと、羨望のまなざしで、通り過ぎる馬車を見送るのでありました。燃料は牧草かぁー・・・。エコロジーですなあー・・・

その他のにほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ

2 件のコメント:

あーたん さんのコメント...

すごいですね~!!!
え・・・??と思うものがベルギー(ヨーロッパ)には多い気もします。
前回の記事もおもしろかったです。
(写真美味しそうでした~)
こちらの方の食欲もすごいですよね!
見習って食べてたら、どんどん横に成長しちゃうのでセーブしたいのですが・・・。美味しくてカロリーの高いものが多い!!悩める毎日です~!

masayuki.be さんのコメント...

僕はベルギー・ファミリーの食事会の時は、いつもデザートまで食べきれません。

大きな理由はたぶん、ビールをたくさん飲むからでしょう・・・。

いつもお腹いっぱいまで、食べて飲んでいます。

ファミリーの良くたべる事と、よくしゃべる事には、いつも感心し、驚嘆していますよ!