11.7.10

やった!ミックスダブルス初優勝!

ベルギッステニス。

異常気象と言われるくらいの猛暑の続くベルギーです。

沖縄では当たり前のことだったが、ここでは気温30℃以上が5日間続くと異常気象と言われています。

昨日も異常気象(陽に当たる所35℃)の中セミファイナルを行い、相手は同じクラブの気心の知れたトム君とケリーさん。

気心が知れているとはいえ、大会の試合となれば情け無用なのであります。

トムはアントワープ州男子のダブルスランキングで1位、ミックスダブルス4位(一番下のクラスですよ)と、今シーズン輝かしい実績を残している。ケリーは今シーズン序盤はシングルスで連敗続きだったが、最近から勝ち始めてきた上昇株である。(僕とKatrienは、二人ともランキング25位)この大会で一番警戒すべきペアと思っていて、「このペアには絶対負けたくない!」との心構えで挑んだ。

長身のトムは、前衛にいるとき、緩いボールには、すかさずアプローチしてボレーを決めるし、ロブを上げようとした高いボールにも届いて、スマッシュしてしまう。

僕らの作戦は「トムが前にいる時は緩い、高いボールは禁物、低い速いボールでクロスのラリーをする。その中でケリーのミスを誘って、僕がボレーで決める!トムが後ろの時は、彼とのラリーは避けてケリーにボレーを打たせて、そのフォロ-でポイントにつなげる」と言うもの・・・。

この作戦は図に当たりダブルスランキング1位のトムに、いい所を作らせず、自信を付けつつあったケリーを失意のどん底に落とす結果になった。

結果は6-1,6-2の圧勝で僕とKatrienが勝った。

この試合の応援に両チームの所属クラブ「SAS」から5名も応援が来ていたが、みんな「SAS」でのテニスレッスン仲間であるトム&ケリーの応援であった。

Photo-0006

大会のあったテニスクラブのコート。

ベルギーではクレーコートは「生き物」と言う見方をしている。適度に湿気を帯びた方がいいと言う事で、晴天続きだと、こまめに散水する(スプリンクラーを設置して、足りない所を手動で散水)。

常に最高の状態でテニスをしたい(してもらう)と言う気持ちがよく伝わる。沖縄では年中乾燥しているが、水資源が乏しい事で、たかが遊びのコートに散水するなんてとんでもないと言う見方をされて、「焼け石に水」程度の散水をしていた事を思うと、ベルギーは非常に恵まれた環境の中でテニスをやっている。

Photo-0007

さて、今日のフィナーレ(決勝戦)対戦相手は30代の男女ペア、今大会の第1シードで、男性は一つ上のクラスの人、ウォーミングアップの時から強い球を打っていたので「今日は勝つのは難しいぞ」と思っていた。

女性は僕らのクラスの人だったので、そこそこ出来て、それなりのミスもあった。

試合に入ると男性は慎重になったのか、サーブも速いサーブは入らずセカンドサーブは軽く打つサーブだった。ストロークでは強いスピンをかけてウィナーを打とうとしたボールのミスが多く、失点を重ねた。

第1セットは僕らの5-2から5-4まで迫られたが、僕がサービスキープして1セット先取。

第2セットは、第1セット途中から、調子が上がってきた相手男性だったので、警戒したが、暑さのせいか長続きせず、ミスが多くなり、自分のミスに喚いたりしていたが、僕らは平静を装って淡々と試合を進めた。最後は相手男性がボ-ルをネットに引っかけて試合終了6-1だった。

Katrienと僕の今年のテニスの目標は「二人のペアでミックスダブルス優勝しよう!」だった。

それを今シーズン3大会目で達成した!

去年は4大会に出場して3回戦進出が最高だった。(トータル4勝4敗)

今年は3大会で、2勝1敗、2勝1敗、今大会は第2シードになっていたので、不戦勝の後、3勝しての優勝。ミックスダブルスランキングも、おそらく来週発表ではトップ10に入るのではないだろうか?(ランキング記載約150名くらい:1勝しないとランキングに記載されないので実際にはもっと多い)

試合が終わってから、両ペアでカフェテラスで飲み物を飲みながら歓談して、主催者が賞品を持ってくると言うので待っていた。

そこへ主催者が身軽な格好で向かって来たので、賞品は持っていないのかと思ったら、手のひらからユーロのお札をだして、「はい、あなた方は優勝だからこれだけ、あなた方は準優勝だからこれだけ、今回は参加者が少なかったから少なくてごめんね」と、キャッシュでお札を渡された。

おいおぃ! なんだか賭けテニスで勝ったようじゃないか?

僕が手にした賞金は、ベルギーでビール2ケース買っても少し残るくらいの金額でした。

この賞品の渡し方には、相手ペアも顔を見合わせて「????」「こんなあっけない賞品授与は見た事がない」と言っていた。それで、フィナーレレセプションもなし!

いや参った参った!これもベルギッシュテニスだ。

もっとおもろいベルギーブログはこちらにほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ

もっと幅広いヨーロッパ情報はこちら 人気ブログランキングへ

4 件のコメント:

委員長 さんのコメント...

kojiです。
優勝おめでとう!
子供の頃、Yukiはテニスがホンマに上手いと思っていました。
ベルギーでも活躍できるなんて素晴らしいです。

masayuki.be さんのコメント...

kojiさん、ありがとう!
目標達成が何よりうれしいです。

この暑さが沖縄育ちの僕の見方になった事と、Katrienがどんな相手ともストロークの打ち合いで引けを取らなくなったから、僕のボレーチャンスが多くなった事。

9月まで、ベルギッステニスシーズンは続きます。

せいのすけ さんのコメント...

優勝おめでとうございます!!!
しっかり目標を設定して、しっかり実現させる・・・すごいですね。
私はテニスできませんが、両親がいまだにやってます。73歳。
この暑さの中、参る参ると言いながらも、好きででかけてやってるみたい。
試合なら、炎天下はなおさらキツイでしょうね。最後まできっと集中力を切らさず、がんばられたのでしょう。ほんと、おめでとうございます。

masayuki.be さんのコメント...

せいのすけさんありがとう!

ご両親は73歳でテニスプレーヤーですか?すばらしい!

ベルギーでも年配のプレーヤーは多いですよ、しかもシングルスをやったりしている。1時間のシングルスをした後、1時間をダブルスで楽しむパターンが多いみたいです。

背中を丸めて、とぼとぼと歩いているような方が、ラケットを持ちコートに立つと走り出すから不思議です。

ベルギーのテニスは、サッカー、自転車に次ぐ人気スポーツですね(競技人口としてはテニスの方が多いかもしれない=老若男女だれでもできるからね))