2.2.11

リエージュ残り写真

なんだか変なタイトルにしてしまったが・・・・・

写真はあるが、なにを主題にしようか、思い浮かばない。Photo-14Photo-13

Lier 駅からリエージュ(Liege)までは、電車で1時間55分かかるが、乗り換えなしなので楽な旅だ。(この電車はベルギー国鉄の普通の車両。

Photo-16

中はこんな感じで、2等車両にしては、いい感じだね。Photo-17

ケータイの目から見ると、かなり流れます。

思わず、「はーたけも飛ーぶ飛ーぶ、いーえも飛ぶ~、はしれー、はしれー」、なんて歌を思い出すのは、古い人間なんだね、やっぱり!

あ、そう、電車はアールスコート(Aarschot)という駅で停車して、次に出発する時は、逆方向に走り出す(戻る)ので、初めて乗った時はビックリします。

Diest、Hasselt、Tongerenあたりを経由するために戻るようです。

真っすぐ行くとルーヴェン(Leuven)に行ってしまうようです。が、ルーヴェン経由(乗り継ぎ)リエージュ行きというのもありなんですね、時間帯によっては。Photo-23

この日はベネルクス最大の「蚤の市」開催のTongerenも、通過して、この先は僕には未体験の領域です。

Tongeren(トンゲレン)の辺りから、風景が変わってきて、フランダースの平坦な景色が、なだらかな起伏のある田園風景になる。Photo-0015

リエージュが近くなった頃、僕が住んでいるLierに似ている「LIERS」駅があった!Photo-0020

リエージュ!かつてムーズ川沿いに炭坑や重工業で栄えた町。

僕には、テニスのジュスティーヌ・エナンの出身地としての方が印象にあったが、こんな高層ビルが立ち並ぶ街だとは、想像もしてなかったのでびっくり!Photo-0023

騎馬像は、レオポルド~何とかと書いてあったが、ベルギー王室関係のお方か? Photo-0025

んーー、これねぇー、オブジェなんですが・・・・・Photo-0025

なんでこうなのか分かりません。

危ないから降りておいで!

Photo-0026

そうこうしているうちに、朝市が近付いてきたようで、路肩駐車が多くなり、人々は一方向に向かって歩いています。Photo-27

チーズ屋さんPhoto-29

ペット屋さん、ソレニシテモコノ鶏は・・・Photo-30

魚屋さん

Photo-35

日曜日の午前から午後2時までやっているそうですが、道路を封鎖すれば結構な広場が出来るもんですねぇー、と変に感心する。Photo-36

街の北東のはずれにある小さい教会、ドアが開いていたので入ってみた。Photo-37

教会内部に、マリアの洞窟があるのは珍しいと思うのですが・・・。

Photo-38

名前も知らない教会に入っていくと、中で何やら儀式みたいなものをやって、終わった頃だったのだが、僕を見つけると「ボンジュール」とか挨拶をするので、僕も。釣られて「ボンジュール」とオウム返しをすると、握手を求められたりして・・・、エライ機嫌良さそうなおじさんもいた・・・・・・何だったんだぁ?Photo-40

川があり、山もあるので坂道も多い。

それはいいが、なんだかバランス悪くないかい?家が傾いていそうな感じだったのだが・・・。Photo-42

街の中はこんな感じで、4-5階建の建物がズラリと並び、道路と建物しか見えず、周りの風景は見えない!Photo-52

Liège, ancienne église des Rédemptoristesという教会のようです(フランス語なので良く分からない)。普通に聖母教会の様ですが、色遣いが違いますねぇ・・・。

Photo-56

例のビューラン山に登る階段。Photo-57

斜面に家を建てるとこうなるんですねぇ、ウチの1階は、隣んちの1.5階みたいな感じかな? Photo-59

周りと一風違う、おもしろい家もあった。

Photo-67

プランス・エベック宮殿(君主司教宮殿)、先日の別角度から・・・こちらの方が正面らしい。

Photo-72

柱廊の有名な宮殿という事で、良く見ておきました。

Photo-74

柱の1本1本は、こんな細工がされている。Photo-86

ワロン地域という事で、僕が住んでいるフランダースのバスとは形も色も違う。

Photo-90

Photo-91

ポール大聖堂、16世紀の建築

Photo-95

さて、これは?

リエージュGuillemins駅舎内部です。

フランス語で、電車の案内アナウンスがあると、国際空港のロビーにいるのかと錯覚する位だった・・・・。

Photo-96

駅の後方が山の斜面になっている地形を生かして、駅の3階に車で乗り付けられるようになっている、、すごいな、この駅は・・・。

Photo-97

明るい駅のホーム、市街地が見える。Photo-98

エレベーター、エスカレーター完備!Photo-99

流れるような流線型。 Photo-100

駅の正面広場Photo-102

この駅に、ベルギー国鉄のレトロ電車が入ると、場違いな感じがします。

ここはドイツ行きの高速列車、TGVが停車する駅の様です。

もっとおもろいベルギーブログはこちらにほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ

もっと幅広いヨーロッパ情報はこちら 人気ブログランキングへ

2 件のコメント:

のこのこ さんのコメント...

朝市での写真の鶏って・・・。(*_*;
大きいスーパーでも頭だけ元の姿で丸まる一匹売ってたりするもんね(>_<)

masayuki.be さんのコメント...

そーなんですよ!
ペットなのか食用なのかよくわからないものが売られています。
ウサギもいるし、ハトもいる、これらもスーパーの肉売り場で売っているものね。