21.8.14

Yanbaruへ! 沖縄本島北部02

ヤンバル観光ドライブ後編
雨模様の中、出発し「いつかは止むだろう」と、希望を持っていたが、なかなか雨は止まなかった。

本部半島の備瀬集落でフクギ並木散策を楽しんだ後、今帰仁(なきじん)村を通過する。
「天気は悪いけど古宇利(こうり)島へ行こうか?」
妹「行きたーい、あそこの海はとてもきれいだよ」

 という事で古宇利大橋を渡り、古宇利島。
雨降っていたので、写真も撮らずに大橋を渡って、島に着いてしまった。 そしてそのまま地産品直売所へ入る。
そう、やんばるといえば基幹農作物はパイナップルだ!
近頃はスナックパインとやらが人気らしい ・・・ あのパインの粒粒をひとつずつちぎって食べられるらしいが、僕は食べた事がない。

そして、これも近年普及したドラゴンフルーツ ・・・ これは不思議な果実だ。 外見からは想像つかない中身は、アイスクリームのようでもある。
「これはサボテンの実です」と聞かされたらびっくりするね。

 今帰仁から屋我地島に渡る橋が、こんな所にあるとは知らなかったというワルミ大橋(2010年開通)食堂の壁に写真が飾られていた。

 僕らは軽く昼食。
沖縄そばの小を注文して食べる。

 道端に咲いていたハマユウの花

 七変化

 雨模様の空でも、近くを見れば海の透明度がわかる。

 古宇利大橋、古宇利島から屋我地島を望む。
1960mの長さは沖縄圏内で1番である ・・・ 晴れた日に訪れれば両側の海の色が美しい。

屋我地島、奥武島を経由して沖縄本島に戻る。
離島3島を車でドライブしてきたことになる。

そのまま、さらに北上し国頭村比地集落を目指す。

比地集落には、またいとこに当たる親戚がいて「ヤンバルに来たときは是非、家に遊びに来て!」と、言われていたので、僕は初めてだったが場所の確認をしておきたかったので、行ってみた。

その家にお邪魔すると、死んだオオゴマダラの標本?が棚にたくさん置かれている ・・・ ご主人曰く「実は、庭で蝶を飼っているんですよ ・・・ 先日の台風の時に、その幼虫を家の中に避難させていたら、こうなりました」

 と、家の中で見せてくれたのが、この黄金のさなぎ!
すごいよね、これ ・・・ 神秘的ですらある。
日本最大の蝶であるオオゴマダラの幼虫は、真っ黒で赤い斑点があり、毒々しい形態をしているが、こんなに美しい色に変態するとは驚きである。

比地集落は自然散策をするには絶好の場所にあるが、何しろ雨模様なので、散策は出来ず、しばしおしゃべりをした後、お暇することにする。

自宅までの距離はかなりある。

 途中、ファミマで休憩!

 嘉手納飛行場

 日本最大級の飛行場は、小さな島、沖縄にある ・・・ 米軍基地専用だけど。

C-17貨物機が離陸した!
「道の駅かでな」の展望台から見る事が出来ます。

「道の駅かでな」の前には、1605年、沖縄に甘藷を持ち込んだ野國總管(のぐにそうかん)の像もある。

WEBアルバム「Okinawa02 , 17 Aug 2014

おもしろいベルギーブログはこちら→ にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
役立つヨーロッパブログはこちら → 人気ブログランキングへ

アントワープ ホテル宿泊

2 件のコメント:

Bornem さんのコメント...

Masayukiさん
残暑お見舞い申し上げます。

素敵な沖縄のブログ拝見しています。
ドラゴン フルーツ
お花の蕾みたいで綺麗ですね
食べて見たいですょ。

まぁ~なんと素敵な沖縄でしょう!
沖縄に住んで見たい気持ちになりますょ。
お気をつけてベルギーに戻られてください。

masayuki さんのコメント...

Bornemさん、ありがとうございます。

一度は沖縄に行ってみるのもいいと思いますよ!

もう、ベルギーはだいぶ気温が下がっているようですね。
真夏の沖縄から、ベルギーへ帰るのが怖いです(笑)