16.12.12

日本語話そう会・ほか

月に一度の「日本語話そう会」へ行ってきた。

場所はアントワープ、いつものカフェQM。

2012-12-15 13.22.03

僕のブログを読んだベルギー在住のベルギー人 ・・・ あ、それが普通か? ・・・ ベルギー人の女の子から、ブログのコメントに「私は日本に1年間留学してきて、せっかく日本語を話せるようになったのに、ベルギーに帰国してから日本語を話す機会がないので、日本語話そう会に参加したい」 と、いう内容の書き込みがあった。

僕は、どうぞ参加してください! と、返事を書いたが、昨日の今日だったので連絡が間に合わず今回は参加できなかったようだ。

2012-12-15 13.28.04

大道芸人 ・・・ ピアノ弾き語り ・・・ 結構、投げ銭を集めていた。

2012-12-15 13.38.38

「日本語話そう会」会場のカフェQM

僕はこの日、夕方にテニスの試合があるので、16時の終了と共に立ち去らねばならないので、開始の14時より30分早く着いて、地ビールのボルケを飲んでいた ・・・

10分前くらいから、続々と参加者が入場してきた ・・・ 「こんにちは!」と、日本語勉強中のベルギー人に声をかける、「久しぶりですね、元気ですか」「あなたは初めてですか」「どこで日本語の勉強をしていますか」 と、次々と質問して日本語を引き出そうとする ・・・ もう始まっているのだ! 日本語話そう会。

カフェの3階にあるVIPルームで「日本語話そう会」が始まる ・・・ 僕のブログにコメントをくれた女の子は来なかったが、今回初めて来た、別の女の子は日本に1年間留学していた21歳の子 ・・・ とても日本語が上手だった!

顔を見ないで聞いていたら、今時の女子の使う日本語だと思うに違いない、普通の日本語を話していた ・・・ 「やっぱり若いっていいなぁー、脳の吸収力が違うんだ!」 と、思ってしまった。

いやぁー、参った、マイッタ ・・・ マイッタおじさんになってしまった。

話そう会の時間が終わり、急いで帰ろうとしたら、その仲間の一人からビールを2本手渡された ・・・

DSC00396

先月の話そう会の時に「ビールの試飲会があるから一緒に行きませんか?」と、誘ってくれたスベン君からのプレゼントだった ・・・ その日、残念ながら僕は行けなくて、昨日はスベン君が話そう会に来られなかったが、試飲会の時に手に入れた珍しいビールを友人に託してくれたのだった ・・・ なんていう優し心遣い。

そのスベン君は、先月「リールの特産お菓子は美味しいですよ、食べたいので来月に買ってきてください」 と、僕に注文していたので、僕もしっかり覚えていて、そのお菓子を5個買って持っていたのだ ・・・ それと、ビールを、友人を介して交換ということになった。

このビールはまだ飲んでいない。

とにかく僕は急いで家に帰り、テニスの準備をしてすぐに家を出る。

ウインターダブルスリーグ第5戦 ・・・ 僕と相棒のパトリックは、先週、やっと初白星をあげたが、昨日はまた強敵、現在9戦無敗のNo1ペアとの対戦だった。

DSC00394

負けるのはいいが、いい試合をしよう!1ポイント、1ポイント取っていこう! と、いう目標を掲げて試合に入る ・・・ 案の定、相手サーブにまずやられたが、第2ゲームのパトリックのサーブで、僕のネットでのいいプレーもあって、キープしてしまった ・・・ オドロキ!

1-1の互角ではないか!

なんてね ・・・ そこまでだった ・・・ 相手の若者は、ひとりで50p持っているクラスメントが全然違うレベルの人だった ・・・ 強烈なフラットサーブ、速くて大きく曲がるスライスサーブ、何度エースを決められたことか ・・・ 第1セット、1-6で落とす。

第2セット、僕のサーブから始まる ・・・ 僕の、ゆるく大きく曲がるスライスサーブに、相手50pの選手がタイミングを狂わされて、ミスを連発してくれて、キープした!

1-0 ・・・ おぉ、初リードしたではないか!

一度は相手サーブをブレークして、2-2となった ・・・ どうだ、互角の戦いではないか!

なんてね、夢を見たのもそこまでだった ・・・ 2-6 と、ストレートで敗戦。

相手ペア55p、僕ら15p ・・・ そんなものである ・・・ 僕らは3ゲーム取ったこと、随所でいいプレーがあったことで満足した 「次の試合は勝つぞ!」 と、まだまだやる気は失っていない!

僕らの戦績は1勝4敗だが、その4敗は現在の上位4チームであることは偶然だが、決して下手な試合をしているとは、僕は思っていない ・・・ 今後、中位、下位チームと対戦するときは、かなりいい試合ができるのではないかと楽しみにしているのである。

DSC00357

家に帰ると、Katrienがクリスマス飾りの準備を始めたので、一緒に飾りつけをする。

DSC00360

ツリーの下には「キリスト小屋」 ・・・ 主要な登場人物と家畜は全て揃っている ・・・ 綺麗なフィギアは、今となっては希少価値があるらしい、母のコレクションを譲り受けたものである。

と、いうことで、我が家もクリスマス・モード突入!

 
おもしろいベルギーブログはこちら→ にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
役立つヨーロッパブログはこちら → 人気ブログランキングへ
blogramのブログランキング

4 件のコメント:

アネリース さんのコメント...

昨日はとても楽しかったです!ぜひ今度もよろしくお願いします。

masayuki さんのコメント...

アネリースさん、昨日あなたに初めて会って、日本語がとても上手なのでびくりしました。

ブログも読みました・・・日本語だけでよく頑張って書いていますよね。
日本語能力試験に向けて、頑張ってね!

kuri さんのコメント...

日本語を学ばれ、さりげない、きめ細やかな心遣いに感動しました。
とてもすてきなお話ですね。

お母様から譲り受けたフィギアを大切になさっているのがひしひし伝わってきます。
美しい造形美に心奪われ、クリスマスの世界に浸っています・・・。

masayuki さんのコメント...

kuriさん、ありがとうございます。
日本語を学び、日本人と接して、日本の心も感じ取っていることに僕も感心しています。
日本語で会話をしていると、たどたどしい日本語ながら、気持ちはベルギー人と話しているように感じないんですよ。

クリスマスは商業主義の日本と違って、キリスト教の国では、宗教上の大事な日を迎えるわけですから、心を込めて家庭内でも飾りつけをするんですよね。

これは日本にいては分からない、観光で欧州に来ただけでも分からないかもしれない ・・・ 一般家庭を訪ねてみなければね。