3.1.14

ベルギー最古の煙草屋Windels

今回もメッヘレン・ネタですがね。
ベルギー最古のタバコ専門店「Windels」がメッヘレンにあるんですねぇ。


メッヘレン13世紀の市庁舎が見える Ijzerenleen 48 に店を構えている ・・・ 通りのショップのウインドウをを何気なく眺めながら歩いていたが、ちょっと変わったディスプレイの前で立ち止まった。

大きなガラスのウインドウの中が良く見えるようにライティングされている。

これは、葉巻タバコの製造工程と、道具などを紹介しているという事がわかる。
 
 
 

様々な葉巻タバコの種類と、

パイプのコレクション
 
 
 
さながら、葉巻タバコの博物館だ。

 
 

ふと、張り紙に気が付くと 「Huis Windels は、ベルギー最古のタバコ専門店です」と記されている ・・・ そして、各番号にはその道具の説明書きがされている。 

「これはいいものを見た」
と、得した気分で通りに足を向け歩き始めようとしたが ・・・

その隣のウインドウにはウイスキーがたくさん並べられたケースと 

葉巻タバコやパイプが飾られたケースがある事に気づき、店内にも入ってみた ・・・ 僕はタバコを吸わないし、ウイスキーも好んで飲む方ではないけどね、懐古調には興味がある。

店内はベルギー最古の店と言う雰囲気はなく、現代的で清潔な店内で、ウイスキーやスピリッツの(多分)高級品、希少品であろうボトルが並べられ、マニアックなお客が、店員とその味の特徴について熱心に語り合っている。

ぼけたオッサンが、そこにあるものを売っているのではない ・・・ 選び抜いた魅力ある商品を熱心に説明して、納得して買ってもらおうという、店側の心意気が伝わってくる。

もちろん葉巻タバコとタバコ用品、パイプやケース、ライターなど、愛好家の要求を満たしそうな商品が並べられている。

なかなかナイスな店だと、看板をチェック!
Huis Windels」Webサイトを見てみると、1875年創業で、創業当時は葉巻タバコ工場も持っていたらしい ・・・ 家族経営で代々受け継がれ、現在は5代目が経営している。
定期的に試飲会なども開かれている。

隣のウインドウはやはり「我々のミニ博物館」と紹介している。

こういう風景とともに「ベルギー最古のタバコ専門店」もいいね。

「メッヘレンは酒飲みが多い」かも知れないが、外部からもそれを目当てにやって来るのである ・・・ 僕もわざわざ、メッヘレンのカフェやビール醸造所にまで行って飲んでいるのだから。

おもしろいベルギーブログはこちら→ にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
役立つヨーロッパブログはこちら → 人気ブログランキングへ

アントワープ ホテル宿泊
Posted by Picasa

2 件のコメント:

東方美人 さんのコメント...

Masayukiさん、お久しぶりです。
メッヘレンのWindelsで思わず、コメント入れてしましました。
Windelsさんは、義理家族の古い友人のご家族なんです。
煙草屋さん以外も、こちらのご家族は、メッヘレンではとても古い一族だそうで。。。
数年前に、私もこちらのお店にお邪魔したのですが、雰囲気の素敵な空間ですよね。

masayuki さんのコメント...

東方美人さん、ありがとうございます。
古いものを代々続けていくというのは大変かと思いますが、創意工夫をしながら続けている姿に敬意を表します。