8.5.09

祝!バンの親子

リール市民公園(Stadpark,Lier)の池で巣作りをして、卵を温めていたバン(Gallinula chloropus)も孵化したようだ。

ヒナが4羽、父親もいたようで、一緒に泳いだり、散歩をしていた。

この公園は面白い。

水鳥だけでもカモ、ガチョウ、アオサギ、バン、オオバンが、間近で見られる。

そして、あの白鳥親子も、この公園に越してきた

誕生した巣から1500mくらい離れているが

運河伝いに来られるので、案外、楽か

ヒナ6羽、全員無事なのでよかった

親鳥が芝生をちぎっては、ヒナたちに与えていた

ヒナもまねをする子もいたが、首が短いので届かない

そこへ人間のヒナが走ってきたので、カモのヒナたちが池の中へ逃げる

白鳥の親が、口を開き「ガハーーッ」と、威嚇(いかく)したら

人間の親が、慌てて自分のヒナを止めに行った

その他のにほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ

2 件のコメント:

あーたん さんのコメント...

無事孵化したんですね!!
よかった~!!
かわいいですね!!
春は、こんな可愛い風景も沢山見られるので
さらに楽しいですね。
うちのひなたちも、よく威嚇されています~(笑)


あがあ!のお怪我は、よくなりましたか???

masayuki.be さんのコメント...

ベルギーの春は、新しい息吹にあふれているので、毎日が驚きの連続です。

特に僕にとっては、常夏の沖縄から来たので、なおさらですね。

あの、厳しい冬あってこそだと思いますが、ベルギー人の我慢強さと、おおらかさを見ているようです。

「目の上のたんこぶ」は沈下したものの、押すと「あがぁっ!」ですね。

昨日もバーバラさんと練習して、6-2、5-7と、1勝1敗だったが、あまりの強風で第3セットを中止した。引き分けでござる。