13.2.12

日本人犯罪被害事例 1月

[在ベルギー大使館]安全対策メールマガジン2012年第4号が届きました。(2/2)

ベルギーは大寒波から抜け、やっと気温がプラスに転じた。

昨日まで、13日間連続氷点下という記録は65年ぶりだと、昨日の天気ニュースで言っていた。

冷凍庫の中に、13日間も居たのかよ!

この後は日増しに気温も上昇していくことでしょう・・・と、希望的観測をしている。

IMG_3994

3月中旬あたりからは、そろそろベルギー観光もいい季節になるのではないかと思うが、日本人が被害に合う犯罪は相変わらず多いようなので、注意が必要です。

IMG_9667

観光客であふれる、駅や観光名所は「悪人」もたくさんいるところ。

悪人どもが、隙のありそうな「カモ」の品定めをしている・・・。

かくいう僕も1月27日、アントワープ中央駅で電車を降りて10分ほど歩道を歩いて、信号待ちで立ち止まっている時、道路に映った自分の影を見ると、背負っていたリュックが、大きく口を開けているのに気づいた・・・、はて?僕は電車から降りる時、リュックの口が開いているのに気づかなかったし、リュックから何かを取り出すこともしていない・・・、と言うことは「やられたかぁ?」

でも、僕はリュックの中に着替えのTシャツ意外、なにも入れてなかったので、被害はなかったが・・・やれやれ!だ。(カフェQMでビールを飲んでから、帰りに中華街で買い物をするために持っていた、空リュックだったのだ)

ということで、ベルギー旅行(欧州各地、似たようなものだと思うべし)を検討中の方は、以下の実際に起った事例を教訓として、未然に防ぐ対策をとってほしい。

十分な対策をとった上で、楽しい旅行を!

 

在ベルギー日本大使館発行「1月中の邦人被害事例」より

 

【1月中の届出事案】
1.12月28日20時頃,オーデルゲム区 Souverain 通りのレストランで食事中,路上に停車中の車が車上荒らしに遭いバッグを盗まれた。また,バッグに住所が記載されていたことと自宅の鍵が入っていたため,空き巣被害にも遭った。(車上狙い:在留邦人)

2.1月3日午前,南駅の構内で財布をすられた。(スリ:男性旅行者)

3.1月5日15時頃,ブリュッセル市内の混雑した71番バスの中でショルダーバッグのチャックを開けられ財布がすられていた。(スリ:在留邦人)

4.1月5日16時頃,ルイーズ駅付近のトラムに乗車中,財布がすられていた。(スリ:女性旅行者)

5.1月6日9時頃,南駅のサンドウィッチ屋でバッグを足下に置き食べていたところ,気付いたら無くなっていた。(置引き:男性旅行者)

6.1月7日15時頃,地下鉄 porte de Hal 駅の券売機で切符を購入中,20歳代と見られる男性2名から話しかけられた。関わらないよう無視していたところ,その内の1名から腕を押さえられもう1人が上着のポケットに入れておいた財布を奪った。(強盗:男性旅行者)

7.1月8日19時頃,地下鉄 Ribaucourt 駅の外に出るエスカレーターで背中のリュックから財布がすられていた。(スリ:男性旅行者)

8.1月8日20時頃,ブリュッセル空港地下の鉄道切符売り場で,切符を購入している間に足下に置いていたバッグを盗まれた。(置引き:男性出張者)

9.1月10日18時頃,アントワープ中央駅23番ホームで,若い男性から声をかけられ,応対しているうちに別の男性が貴重品の入ったバッグを持って行った。(置引き:男性旅行者)

10.1月12日15時頃,ストッケルにある自宅に帰宅すると玄関の鍵が壊されていた。鍵付近をバールのようなものでこじ開けようとした形跡があった。ドア自体が二重ロックであったため,開けられることなく未遂となった。同じアパートで2週間前にも違うフロアで同様の被害があった模様。(空き巣未遂:在留邦人)

11.1月13日14時頃,サブロン広場からオルタ美術館に行く途中のトラム92番で,女性に押されて後ろによろめいた。トラムを降りるとウエストポーチのチャックがあいて旅券ケースが無くなっていた。(スリ:男性旅行者)

12.1月19日22時~翌日1時頃,ルイーズ通りの Vleurgat 周辺の路上に車を駐車し,キャリーバッグとブリーフケースの入っていたトランクからブリーフケースのみ取り出しレストランで食事した。戻ってきた時にはトランクからキャリーバッグが盗まれていた。(車上狙い:在留邦人)

13.1月22日18時頃,南駅から中央駅に向かう途中,バッグから携帯電話が無くなっていた。(スリ:男性旅行者)

14.1月28日13時頃,南駅でドイツ行きの電車に乗るため荷物の整理をしていたところ,バッグからスマートフォンと財布をすられた。(スリ:男性旅行者)

---------------------------

被害に合われた方にはお気の毒ですが、今後の被害を防ぐために使わせていただいています。

(大使館へ引用承諾の確認済み)

もっとおもろいベルギーブログはこちらにほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
もっと幅広いヨーロッパ情報はこちら 人気ブログランキングへ

2 件のコメント:

ema さんのコメント...

自己責任ケースも多いのでしょうが、それでも被害に遭われた方のお気持ち察します。
どこにいても、常に緊張感を持って、ですね。
わたしもLA生活慣れてきましたが、
改めて気を引き締めたいと思います。
情報ありがとうございます!

masayuki さんのコメント...

毎月配信される報告に、新たな被害が多ことに残念な思いをしています。
電車内、駅構内、観光地の人ごみの中では、特に神経をとがらせる緊張感が必要ですね。
「わぁーキレイ! すゴォーい!」などと感動に浸っていると、単なるバカで終わる可能性もあります。